家族の笑顔があつまる、明るいオープンキッチンが主役の家

「安心して住み続けられることと、子どもの個室をつくることが希望でした」とAさん。耐震性の不安を解消するため、築38年の家を「まるごとリフォーム」。まず、細切れの間取りを一新し、ひと続きの広々LDKが誕生しました。閉鎖的だったキッチンは、LDを見渡せるオープンタイプに。ダイニングと横並びに配置することで、スムーズに行き来ができます。また、お気に入りの家具や小物が似合うよう、タイルやカラークロスでデザイン。さらに、廊下にあった階段はリビングに移動。LDKの隣に子ども部屋を設置することで、お子様が個室に直行せず、自然と顔を合わせる工夫を施しました。「居心地の良さに大満足!子どももお友達を呼べると大喜びです」 

  • 3761
  • 17
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【リビング】区切られていたリビングとキッチンを一体化し、ひと続きの広々LDKに

【リビング】縦長の間取りを最大限に活かした、開放感あふれるLDKが誕生

【キッチン】LDを一望できるオープンキッチン。窓から差し込む光を最大限に活かすため、階段との間仕切りをセミオープンに

【2階洗面所】キッチンの後ろに設けた2階洗面スペース。鏡の裏やカウンター下に収納があるので、小物を外に出さずにスッキリ

【ロフト収納】LDKの隣に設けた子ども部屋は、天井高を活かし、ロフト収納を新設。かさ張る荷物や、季節の大きな荷物も片付く

【1階洗面所】1階に設けた洗面室。散らかりがちな洗濯物や買い置きの洗剤などもしまえる、造作収納を設置

【収納】2WAYで行き来できる、寝室のウォークインクロゼット。「廊下からも出入りできるので、便利に使えます」 

  • 3761
  • 17
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

東急沿線の街づくりをはじめ、百貨店・ハンズなど、人々の暮らしに密着した事業を展開する東急グループ。そのリフォーム部門を担う同社は、リフォーム創業50年、55万件…

おすすめのアイデア

話題のキーワード