桜をゆったり楽しめる☆ちょっと足を伸ばして穴場お花見スポットへ!

やってきました、2016年お花見シーズン!
「お花見 桜 人気スポット」
と検索すれば、ずらっと出てくるお花見スポット。
桜の満開をワクワクしながら待ち望みつつ、どこに行こうか調べてる人も多くいらっしゃるのでは?

もちろん桜見物(お花見)の舞台となる人気スポットは東京に数多くありますが、どこも花見客の訪問人数のピーク時は、身動きがとれないぐらいにぎゅう詰め!
これではせっかくの桜も楽しめませんよね。

そこで今回は、
「穴場のお花見スポット」と称して、東京からちょっと足を伸ばしただけで都内よりもゆったりと桜を堪能できるスポットをご紹介♪

ちょっと足を伸ばしてみると、いつもとは違った桜が見られて、新鮮ですよ☆

さあ、
Let's go to a Hanami picnic 2016 !!

  • 5543
  • 39
  • 0
  • いいね
  • クリップ

東京近郊の桜スポットって一体どこなの?? 私のおすすめは、ヤマザクラが『市の花』に選ばれた多摩市なんです♪

なぜ多摩市が桜の見物にお勧めの穴場スポットか、不思議に思いますよね?

多摩市は市民1人当たりの緑地面積が東京都における平均面積の約3倍!
とても自然豊かな街です。
そして、多摩市の『市の花』はヤマザクラが選ばれていて、桜は多摩市の自慢のひとつとなっています。
街路樹や野山、公園など、シーズン中はあちらこちらでたくさんの桜が咲き乱れます。

「でも多摩市ってどこにあるの? 遠くない??」
とお思いの方、
ちょっと待って!

多摩市は京王線と小田急線、そして多摩都市モノレールが乗り入れていて、東西南北ともにアクセスは軽快な街なのです。
新宿から永山駅や多摩センター駅までは、京王線の特急を利用すれば約30分であっという間に到着できます。

ぜひ、今年はちょっと都心から伸ばして、多摩市でお花見してみませんか?

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・お花見ピクニックなら…宝野公園(たからのこうえん)

もっこもこに桜の花が。
もはやカタマリというにふさわしい、見事な桜の集合体。このように、多摩の桜の木は毎年美しく元気な桜の花を咲かせるのです。

まず最初に紹介するのは、多摩ニュータウンにある、奈良原公園と宝野公園をつなぐ「富士見通り」。
電車で向かう場合は、小田急線か京王線の多摩センター駅で下車しましょう。
バスも通っていますが、駅からそんなに距離はないので歩いて行くことができます。

「富士見通り」は、道幅も広く車も通らない巨大な遊歩道。
老若男女全ての人が歩きやすい優しい造りの散歩道。
通りの両サイドには、なんと樹齢30年を越える桜たち。
桜の花に包まれた感覚を味わえます。

さあ、富士見通りを桜散歩した後は、宝野公園でお花見ピクニックしましょう。

写真でも伝わる、開放感あふれる芝生の空間。
広場の中央では、キャッチボールやバドミントンを楽しむ子供たちの姿が微笑ましい。

中央にある、広々とした芝生広場となっていて、ここも桜に挟まれた空間。
桜に挟まれたこの広場の中央に立つと、天気の良い日はその視界の先に、なんと富士山まで見えるのです。
あいにくこの日は曇り空だったので見えませんでしたが、桜と富士山のコラボレーションを体感できる贅沢なロケーションは最高の気分に浸れます。

お散歩とピクニック。どっちも楽しめてしまう、贅沢な空間です。
わがままな人にうってつけ!

そしてこの公園の魅力は他にもあるんです。
花見のシーズンとなれば、避けられないイメージの「お祭り騒ぎ」の騒がしさがありません。
ゆったりとのんびりとお花見ができます。
広さも充分ですから、殺気立った場所とりをする必要もありません。

お弁当を食べたら広場で体を動すのも、気持ち良いの♪

段差が少ないフラットな通りは、足に優しく、小さなお子様からお年寄りまで安心してお散歩ができます。

最寄り駅:多摩センター駅から徒歩15分
交通アクセス:多摩センター駅バス停7番乗り場から「鶴牧3丁目」下車徒歩3分
駐車場:有り、8台分(無料)
さくらの季節の開錠時間:8時から19時

・お花見散策なら…乞田川の両側約3km

多摩市市民ならば絶対に桜の時期は足を運ぶといっても過言ではないお花見散歩スポット。
それが乞田川。
多摩ニュータウンの中心部を流れている乞田川は、お花見シーズンには川の両サイドに提灯が取り付けられて、夜はほんのりとした灯りで桜を照らします。

この乞田側の桜を見るなら、まずは多摩センター駅で下車するのがオススメのコース。
そのまま、隣の駅の永山駅まで桜散策しましょう。
長距離になりますが、美しい桜の姿を眺めつつ、のんびりとお散歩なんて素敵でしょ?

ちなみに多摩センター駅は京王線と小田急線、どちらも通っていて、便利です。
新宿から特急を利用すれば、所要時間も京王線ならば30分位で到着します。
小田急利用の場合は、40分位で多摩センター到着。

都会から電車一本。
思ったよりも近いんですよ♪

桜の時期は、電車から乞田川沿いの桜を眺める楽しみが♪
忙しい通勤途中の朝も、桜の姿でホッと和みます。

今回は京王線を利用して多摩センター駅へ。
見てください、もう電車の車内からでもはっきりわかるぐらいにこんもりと桜が咲いている様子がわかります。

駅とニュータウン通りの間ぐらいに、真っ直ぐ続く乞田側。
両サイドには桜が咲き乱れ、素晴らしい風景をみせてくれます。

改札口を出たら、ニュータウン通り方面へ出ましょう。
その途中に、乞田側は流れています。

画像でご覧いただいているように、途中には道路を渡る箇所もあるので、くれぐれも車にはお気をつけください。

川が桜でサンドイッチされています。
桜の花の重さにしなる枝も風流です。

川の両岸から、まるで川に覆いかぶさるかの如く、咲き乱れる桜の枝振りが美しく、どちら側から見ても絵になります。
このような風景が、多摩センター駅〜永山駅まで続くのです。
すこし桜が終わりかけの時期も、桜吹雪が見事で、それはもう、桜のシャワーのよう!

こうした美しい姿を毎年みせてくれる桜に感謝して、お花見の際は桜の木を大切に、楽しみましょう。

一つ一つの桜の花もしっかりと大きいサイズで、枝が重そうにその桜の花を支えています。
川沿いの桜の全体図を撮影しても良し、
近くで桜の花をマクロ撮影しても良し。

いろいろなアングルから、美しい桜の姿をカメラに収めてください。

歩きながらのお花見もいいものですよ♪

レジャーシートをしいて、お弁当食べながら…。
そんな王道のお花見も素敵ですが、このようにお散歩しながら桜を眺めるのも気持ちが良いもの。
ぜひ、ご友人、ご家族と出かけてみてください。

カップルやご夫婦同士なら、乞田川沿いにいくつかある、桜が見えるレストランに入ってランチはいかがでしょう?
おすすめは「リバゴーシュ」というイタリアン。
桜が見やすいように窓が大きく作られた造りとなっていて、おすすめです☆
テラス席は、ペット同伴もOK♪

途中には、公園もいくつかありますから、小さなお子様と一緒に桜と公園めぐりをするのも素敵なお花見になりそう♪

・お花見レジャーなら…よみうりランド

生活に密着した親しみやすい自動車や食品。そしてファッションや文具といったの4つの業種から構成されているfactory。
そんなよみうりランドに新遊園地エリア「グッジョバ!!」がオープンし、話題になっているよみうりランド。

でも実はこのよみうりランドが「お花見遊園地」としても魅力ある場所なのをご存知でしたか?

遊園地×桜
このコラボレーションは素敵!!

混雑時はあいのりの場合もありますから、ゴンドラ内で撮影する際はマナーを守ってくださいませ。

よみうりランドへ向かう際、おすすめは京王よみうりランド駅で下車して、ゴンドラに乗るコース。
上空から、園全体の桜を眺めることが出来るます。
桜で覆い尽くされたよみうりランドの姿に、思わず歓声が上がっちゃう♪

子供の笑顔と桜の素敵な記念写真を撮りに行きませんか?

よみうりランドの園内には、180mの桜並木もあり、桜のシーズンには園内全体で約1000本のサクラが咲き乱れます。
ジェットコースターや観覧車に乗りながら桜を楽しめるのです。
遊園地ならではの、お花見ですね♪

特におすすめはよみうりランドのアトラクションの代名詞、バンデット。
最高時速110kmで桜の中を疾走してみませんか?

観覧車は、昼と夜、両方乗ってみてほしいぐらい!
ライトアップで輝く夜桜が、まるで宝石のように見えます。

日没後には、ライトアップされた夜桜見物もできますから、お仕事帰りに「ちょっとお花見デートに寄り道」もナイスです。

(桜の見ごろ情報:3月下旬〜4月上旬/本数:約1,000本/種類:ソメイヨシノ・ヤマザクラ・シダレザクラなど)

どうしても都内でお花見したい!! そんなあなたにお届けする「都内お花見人気スポットTOP5 in 2016」☆

もうすぐ開館50周年を迎える国立劇場で桜を見よう♪

「どうしても都内で桜を楽しむ時間しかないんです。」
そんなあなたの為に、都内のお花見スポットもご紹介いたします。
2016年、お花見人気ランキングは以下の通りです。

①目黒川
②六義園
③上野恩賜公園
④隅田公園
⑤千鳥ヶ淵公園

こちらは千代田区「さくらまつり」内の桜です。

いずれの場所も大人気なスポット。
どこも混雑が予想されますので、人混みにおいて発生するトラブルやお怪我に充分お気をつけて、お花見を楽しんでください☆

〜 私がお勧めする都内のお花見スポットはここ 〜

ビジネス街にあるので、ランチ休憩時間には付近で働く人たちも訪れる都会のオアシスとなっています。

国立劇場の前庭にて開催される、「国立劇場さくらまつり」です。
(ちなみに国立劇場だけでなく、千鳥ヶ淵など千代田区一帯でさくらまつりと称し、桜を楽しむ為の様々な工夫がされています。)

この時期にあわせて、観光に訪れる人もいるほど、毎年人気の桜スポットです。
東京の桜の名所「ちよだ」で、お花見を堪能しよう♪

桜の開花状況を事前に知りたい方は、
さくらまつり特設電話(03-3556-0393)
にて、音声ガイダンスでの毎日の開花状況が確認できます。
確認できる期間は、3月18日(金)~4月13日(水)まで。

また、「千代田のさくらまつり」の公式サイト上では、毎日の開花状況を「開花カレンダー」にて確認することが可能です。

さくらまつり期間中は土曜日と日曜日の3月26日・27日の2日間に無料シャトルバス「丸の内シャトル さくら祭り号」が運行。丸の内~九段下~神保町~秋葉原~日本橋~丸の内のルートで各スポットを巡回してくれるので移動も楽々♪
大きなビルと大きな桜の木のコラボレーションも素敵です。

さくらまつり開催の、3月25日(金)~3月27日(日)の間には、飲食や物販のブースが出店されるので、食べ歩きしながら桜を楽しめます。
靖国神社外苑第一鳥居から大村益次郎像方面では、千代田のさくらまつり開催期間にあわせて、屋台なども軒を並べるので、花より団子の人も安心☆

駐車場はないので、車でのご来場は避けましょう♪

桜の種類の中で一番親しみ深い存在といえば「ソメイヨシノ」ですが、ここ、国立劇場の前庭には珍しい桜が植えられているので、都内ですが隠れたお花見の名所として昔から親しまれています。

サイトで紹介されている「新・花の道桜のお花見ルート」は、各ルート約1時間~2時間ほどの所要時間となっています。ぜひ、じっくりゆっくりと千代田で桜のお花見を楽しんでください。
都会の中にありながら、空がすっきり望める空間は、青空と桜の素敵なショットが撮影できます。

植えられている桜の種類にはどのような桜があるのかというと……、
・駿河桜(スルガザクラ)
・駿河小町(スルガコマチ)
・小松乙女(コマツオトメ)
・神代曙(ジンダイアケボノ)
・仙台屋(センダイヤ)
など。
どれも珍しいとされる桜ばかり。

2016年3月31日の様子。

さくらまつりの開催期間中は、床机と野点傘を並べたお休み処が用意されるので、休みながら美しい桜の花を間近に楽しむことができます。
ほうじ茶の無料サービスも行われています。

皆、思い思いのアングルで桜の木をカメラや携帯に収めています。

歩いて見て回るだけかな?
と思われがちなこのエリアですが、シートを敷いてお花見しながら飲食できる場所も一部存在します。
シートでの飲食可能スペースは少ないですから、譲り合いの心を持って利用しましょう。

禁止事項は以下のとおりです。

敷物可能な場所
・千鳥ヶ淵公園…公園内中央のラインに沿って印が付けてあるので、それらを結んだ線の道路側を利用すること。
・外濠公園………遊歩道と車道との間にある緑地を利用すること。


ベンチ等を利用して簡単な飲食(持ち込み)可能な場所
・北の丸公園
・皇居東御苑
・皇居外苑
・千鳥ヶ淵緑道(混雑時は不可)
・国会前庭


いずれにしても、ゴミは必ず自分で持ち帰りましょう。



また、シートをしいてのお花見にも注意事項があります。

1)公園内は火器類(自家発電機を含む)の使用やカラオケ等騒音禁止
2)ゴミはお持ち帰りください
3)シートだけでの場所取り禁止
4)シートを固定する際のピンの使用禁止
5)周囲の樹木を傷つける行為禁止
6)露店等、営業行為禁止
7)周囲住民や他のお花見客への迷惑行為禁止

以上をまもって、気持ちの良いお花見を楽しんでください。
喧嘩や揉め事が起きてしまっては、せっかくのお花見も台無しになってしまいますものね。

歩き疲れたらベンチで一休み♪

桜の写真を撮りながら、千鳥ヶ淵の方へ進むコースがおすすめです。

都会にいることを忘れてしまいそう♪

川の水面にうつる桜の姿もまた一興です。

また、インスタグラムやSNSで桜の画像をアップしたい方に朗報!
平成28年3月30日に、千代田のさくらまつりに合わせて区内5か所に
「CHIYODA Free Wi-Fi」
という臨時アクセスポイントが配置されます。
サクサクっと画像アップできるのは嬉しい♪
千代田区、ナイスな心意気です。

設置される場所と設置期間は、

①靖国神社(さくらビジョン付近):3月26日〜4月3日
②近代美術館:4月1日〜4月3日
③清水谷公園(お花見エリア):4月1日〜4月3日
④国立劇場(お花見エリア):4月1日〜4月3日
⑤楠公レストハウス前:4月1日〜4月3日

臨時アクセスポイントには、「Free Wi-Fi」というのぼりを掲示してあります。

千代田区主催のさくらまつり!千代田区各所でさくらを楽しめますよ♪
千鳥ヶ淵緑道の桜はさくらまつり期間中にライトアップされます☆

さくらまつり期間中は、千鳥ヶ淵ボート場の夜間営業も実施され、9:30~20:00までボートに乗って水上からさくらを楽しむことも可能です。
観桜期における乗船料は30分で800円。
乗船券の販売は19:30までなのでお気をつけください。

千代田一帯でさくらまつりは開催されています。
洗練された空間でのお花見は、身も心も落ち着きます。

のんびり桜見物をしながらお茶をいただき、そして古来から日本と深い付き合いのある存在である桜の歴史を感じながら、あなたの想いを馳せてみては如何でしょう?

【国立劇場さくらまつり】
日時:2016年3月25日(金)~4月3日(日) 12:00~15:00(※雨天中止となります)
場所:国立劇場前庭
お問合せ先:国立劇場さくらまつり担当…TEL:03-3265-6125(直通・平日10:00~17:00)

*千代田区では、さくらまつりが千代田区主催のもと、各所で行われています。

日本人の大好きなビッグイベント、「お花見」。
今年もたくさんの美しい桜をその目に焼き付けて、1年の中で今しかできない素敵な思い出作りを♡

そしてマナーを守って、気持ち良くお花見をお楽しみください。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

LIMIAでは、「サクラサク♪ お花見アイデア特集」と称して他にもうきうきしちゃうお花見記事がいっぱい♪
桜レジャーの参考に、ご覧ください。

  • 5543
  • 39
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード