タイル壁の印象をワントーンUP!身近なものでタイル目地を白くスッキリ!

なんとなく気にはなっていたけど、面倒そうでずっと後回しにしていたタイル目地の汚れ。(ズボラですみません…)
今回はこのタイル目地の汚れを身近なものを使ってお手軽に白くしてみました!

  • 96975
  • 455
  • 7
  • いいね
  • クリップ

↓↓↓ビフォーアフター↓↓↓

おそらく最初は真っ白だったと思われるタイルの目地が経年劣化や油汚れで黄ばんでいました。
我が家は築20年以上経っているのですが、目地が黄ばんでいると、壁全体もなんとなく黄ばんで見えてさらに古い印象に…。

ウタマロ石鹸を使ってみました!

ウタマロ前(何もしていない状態)が本当に汚くてお恥ずかしい限りです…

今まで使用した洗剤では思うように汚れが取れず、今回試してみたのがたまたま手元にあったウタマロ石鹸!

お洗濯には定番中の定番、ウタマロ石鹸。
お掃除用のウタマロクリーナー(スプレータイプ)がキッチンの油汚れに効果があるのは知っていたのですが、スプレータイプを買う前に一度ダメ元で試してみたところ…

予想以上に汚れが簡単に落ち、黄ばんでいた目地がワントーン明るくなったように思います。

水でかるく濡らした古い歯ブラシをウタマロ石鹸にゴシゴシとこすり付け、タイル目地に塗っていきました。
綺麗になったら、絞った雑巾で拭き取って完了。

『これは大変な作業になりそう…』と思いつつ始めたのですが、さほど時間はかからず、おおよそ20分くらいでこの工程は終わりました。


でもまだ『真っ白!』ではない…

ウタマロ石鹸のおかげで汚れが簡単に落ちましたが、まだイメージしている『真っ白』にはならなかったので、次に使ったのがこちら。

ダイソーの【簡単目地補修マーカー】というものです。
もちろんお値段は108円♪
工具やリフォーム用品などのコーナーで見つけました。

ホームセンターで500円前後で売っているのを見たことがあるのですが、
ホームセンターが遠いのと、安くできるのに越したことはないので(笑)、今回はこちらを試してみました!

商品の説明には『目地の汚れを落としてから塗ってください』とあったので、
最初にウタマロをしておいて正解でした!(知らなかったので単なる偶然なんですが…笑)

使い方はとっても簡単!

塗り終わってから撮った写真なので、ペン先がつぶれてしまってます💦

使い方はとっても簡単です!
ポスカのようなペンタイプなので、目地に沿って塗っていくだけ♪

中にインクが入ったペンなので、ずっと壁に塗っているとだんだんインクの出が悪くなってきます。
たまに紙などに押し付けてインクの出を良くして塗っていくとスムーズにできました。

わかりやすい写真がなく申し訳ないのですが…向かって右側の縦線が塗った部分です。
なんとなく色の違いが伝わるでしょうか…?

ポイントは、目地に塗る際にあまり力を入れすぎないことです!
あくまで私の場合ですが、
塗っているうちにだんだん力が入ってきてしまって(笑)、ペン先がつぶれてしまいました。
つぶれてしまうと目地よりもペン先が太くなってしまい、塗りにくいのでお気をつけください!

気になる部分には何度か重ね塗りをして完成!!

かなり白くなりました!!

キッチンの壁のタイル全体を終えて、
遠くから見てみると全体的にトーンアップしたような…?

ウタマロ石鹸…100円前後
目地補修マーカー…108円
なので、たったの200円ほどでタイルの目地がさっぱり綺麗になり、大満足です!

身近なものを使ってお手軽にできるので、よろしければ是非お試しください♪
最後までお読みいただきありがとうございました☆☆☆

Instagram、RoomClipでも最新の写真やアイディアをご覧いただけます♪
是非お気軽に遊びにいらしてください☆

フォローも大歓迎です☆☆☆

  • 96975
  • 455
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

Instagramフォロワー4万人突破!いつも見てくださる皆様ありがとうございます♡

おすすめのアイデア

話題のキーワード