ニトリの木製シェルフに扉をつけてアンティーク風にリメイク

ニトリの木製シェルフに扉をつけて、長女の漫画収納にしました。

  • 158008
  • 627
  • 2
  • クリップ

リビングで雑貨置き場に使っていた木製シェルフ。
こちらをリメイクして漫画収納のアンティーク風なシェルフにリメイクしました。
我が家で使っていたのは、奥行き30cmで場所をとらない幅60cmのタイプです。
高さも74cmで、天板をのせてカウンターにしても使いやすいサイズ。
シェルフの両サイドを木材で塞ぐために、
幅が25cm×高さ73cmの木材を2枚と、扉にする為、幅が30cm×高さ73cmの木材を2枚をホームセンターで購入し、長さをカットしてもらいました。

シェルフは、オイルステインのウォルナットを塗った後に重ねてミルクペイントのホワイトでシャビーに塗装してあります。
こちらにあわせて、4枚の木材も同じく塗料で塗装しました。

ウォルナットで塗装

ミルクペイントを重ねてシャビーにペイントしていきます。

乾いた木材をシェルフにネジを使って固定していきます。横面につける25cm幅の木材を両側に取り付けていきます。

残りの扉になる二枚には、ダイソーの蝶番を上下に取り付けていきます。

シェルフの横面に蝶番を合わせて固定します。

扉になる30cmの木材を取り付けると0.5cm隙間ができるので、この隙間を隠す為に、角材で木枠をつけていきます。

2.5cm幅の角材を使い71cmを4本と間に合わせる25cmを2本と24.5cmの角材を2本用意します。

カットした角材をサイドペーパーで研磨した後、ミルクペイントで塗装していきます。

右側の扉に隙間が見えないよう、25cmの角材を0.5cmずらしてボンドで固定しました。上からみるとこのような感じです。

両側の扉に木枠をボンドでつけるとこのような感じになります。

内側にもダイソーの角材4本を使って木枠をボンドでつけていきます。

こちらは、55cmの角材4本と、15cmの角材4本にカットしサイドペーパーで研磨します。

ミルクペイントを使ってペイントして乾いたら、次のようにボンドで角材を固定して木枠をつけていきます。

左右同じように、上から4.5cmの位置と内側から3.5cmの位置から角材をボンドで固定します。

最後に、取ってをネジで固定したら完成です。木枠は、モールディングなイメージだったので取っては、アンティーク風なものを選びました。

カラフルな娘の漫画もスッキリ収納ができました。目隠し扉をつけるだけでシェルフの雰囲気も変わり、インテリアに合うリメイクができました。少し手間がかかりましたが、リメイクしたおかげで、これからも長く使えそうです。

  • 158008
  • 627
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード