隅々まで陽射しが行きわたる 開放感たっぷりの寛ぎリビング

「内装や水まわりに、傷みが目立ち始めていました(I さん)」。築32年のお住まいは断熱性が低く、浴室は底冷えしていました。そこで、お子様家族との同居を機に、全面リフォームを決意。ご希望は「木の質感を活かしながら、モダンなイメージにすること」。そこで、リビング・ダイニングは、板張りの天井や無垢フローリングを施し、木の柔らかさが馴染むイメージに一新。内装は清々しい白で統一。中庭や階段の高窓から届く陽射しで、いっそう明るく感じます。その上、使い勝手の良いキッチン収納や、日用品が出し入れしやすいリビング収納を新設。暮らしに合わせた収納計画で、家中がスッキリ片付きます。さらに、断熱材を充填し、断熱性能を向上。開放感たっぷりのリビングで、寛ぎのひと時を楽しまれています。

  • 2878
  • 13
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【リビング・ダイニング】無垢フローリングや板張り天井など、木の温もり漂うナチュラルモダンのイメージに一新

【外観】清潔感あふれる白で統一された外観

【キッチン】作業カウンターと壁面収納を新設

【リビング】心地良い陽射しが広がる、オープンなリビング

【ダイニング】折り上げの板張り天井で、落ち着きのあるダイニングに

【洗面所】洗面に間接照明とモザイクタイルを装飾

【玄関】光を招き入れる玄関

  • 2878
  • 13
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

東急沿線の街づくりをはじめ、百貨店・ハンズなど、人々の暮らしに密着した事業を展開する東急グループ。そのリフォーム部門を担う同社は、リフォーム創業50年、55万件…

おすすめ

話題のキーワード