【窓掃除】内側と外側と汚れの違いがわかれば時短掃除ができますよ♪

窓掃除の仕方って、みなさんは内側と外側と一緒にしていませんか?
実は内側と外側とでは付着する汚れが違うので、掃除の仕方を変えると一気に時間短縮できるんですよ〜♪
時間短縮できれば、空いた時間に趣味や好きなことも出来るようになるので、忙しい方は特に窓掃除の仕方を変えることをオススメします!!
この記事がみなさんのお役に立てれば嬉しいです(^O^)

  • 14249
  • 75
  • 2
  • いいね
  • クリップ

実は、窓の内側と外側とでは付着している汚れが違うんです!!

まだまだ寒い日が続き、窓に結露がビッシリ!ってご家庭も多く、結露を拭き取るのと一緒に窓掃除をする方も多いと思います。

一石二鳥ですよね〜。

この時期はいいとして、窓って目で確認がしづらいですけど、窓の内側と外側って付着する汚れの種類が違うんです!!

外側は、雨風で運ばれた「黄砂」「泥」「砂」「花粉」とか。

内側は、「料理した後の油」「ホコリ」「手垢」「タバコのヤニ」とかなんですね。

なので、汚れにあった落とし方をすれば、今まで窓掃除にかかっていた時間を一気に短縮することが出来ちゃうんです!!

まずは窓の内側のお掃除方法について

窓の内側の油汚れとか手垢は、アルカリ性のクリーナーを使うのがいいです。

食器用洗剤をほんの少しだけ水に混ぜ、スプレーして使うのもオススメです。

あまり濃度を高く作ると、泡立ってしまったり拭いたとこに筋が残ったりするので、ほんと薄い濃度で作っていただきたいです。


水に食器用洗剤をたくさん混ぜすぎると、拭いたとき筋が残り、何度も繰り返し拭き取らないといけなくなるので、入れすぎにご注意くださいね。

また、アルカリ電解水『クリアシュシュ』だと泡立つこともなく、拭いたあとの筋も残らないのでかなりオススメです!!

アルカリ電解水 クリアシュシュ (300ml+マイクロファイバークロスセット)
商品情報をAmazonで見る
アルカリ電解水 クリアシュシュ (300ml+1000ml詰め替え+マイクロファイバークロスセット)
商品情報をAmazonで見る
アルカリ電解水 クリアシュシュ (300ml+1000ml詰替え)
商品情報をAmazonで見る

続いて窓の外側のお掃除方法について

窓の外側は、油汚れではなく、雨風で運ばれた「黄砂」「泥」「砂」「花粉」などで汚れているので、特にクリーナーを使ってお掃除する必要もありません。

カンタンに水だけで十分キレイにできます。(黄砂や花粉がひどいとこはちょっと違ってきますけど。)

窓ガラス全体を水で濡らして、スクイジーの水切り面で水分を取るだけです。

ただ、水道水は残ると後から白く水垢になってきてしまうので、最後は水分をマイクロファイバークロスなどでしっかりと拭き取ってくださいね。

これで、窓は内側も外側もピカピカで〜す♪

もし窓に白い水垢が付いている場合は『アルカリ性』ではなく、『酸性』の洗剤で落ちるので、汚れに応じて洗剤も使い分けてくださいね。


まとめです〜♪

窓掃除についての今回の記事、いかがでしたでしょうか。

窓に付着する汚れを理解すれば、お掃除にかかる時間もうんと短縮できます。

もし気に入っていただければ、フォローしてくださるととても励みになります!

これからもみなさんの生活に役立つネタを紹介していきますので、どうぞよろしくお願いします(^-^)

  • 14249
  • 75
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード