見た目もスッキリ:フロート式【浮いている】TVボード

見たときに
誰しもが「あれっ?」と感ずるTVボードの施工例を紹介します。

このフロート式のTVボードは今から12年ほど前に開発し、
今では多くの方にお問い合わせやご注文を頂いているものです。

ですが、
ごらんのとおり、不安定な状態であるがゆえに、
TVボード本体の構造、そして下地の構造、支えるための金物などを
各業者さんとの打ち合わせを重ねる必要がありました。


今回は
その肝となる部分も解説していこうと思っています。



浮かせたことで床を広く感じてもらえます

詳細を公開します

このTVボードが現場に納まるまでの過程や、
ディテールが分かる写真をごらんください。



完成写真です。



このTVボードの最も大切な部分です。

位置のズレは許されません。



今回は

フロート式のTVボードだけを取り上げてみました。




以下のボタンでは

他のTVボードデータ(全64セット)を収録した
【すぐ使える! TVボード設計集】のご案内もしていますので
ぜひごらんください。


特典として

****抜粋***************************************************
TVボードのプランの理解度を深めるための特典(解説動画集)

1.家具の構造とデザインの詳細を説明 (計110分)
2.TVボード図面解説15選 (解説動画、図面データ) 
**********************************************************

も含めています。




フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始(条件付き)】

「TVボードに脚なんて必要ない」 と常日頃から感じ続け、なければ自分で作るしかないと思ったことが このフロート式(浮いている)TVボード開発のきっかけでした。 2004年に開発し、ハウスメーカーのモデルハウスで発表して以来 多くの家に設置されてきたk-design開発のフロート式TVボードですが、 いままでごく限られたエリアのお客様しか実現ができないものでしたが、 ご依頼主の家の工事を請負うハウスメーカーや建築会社のご協力のもと 全国への展開が可能となったことで踏み切ることができました。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

みんなの投稿コンテスト