ただ貼るだけじゃない‼︎ラベリングのアイデア☆

ラベリング、もう一般的になってきましたが、ただ貼るだけ⁈実は貼るにも工夫すると更に分かりやすくなるんです♪場所別にオススメのラベリングをご紹介☆

  • 94978
  • 345
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ラベリング、すなわち文字をラベルに書きそれを貼って中身を分かりやすくするもの。
でもただ貼ってあるだけで、結局貼っても探し物をしてるという事ないでしょうか⁈
我が家はまさしくそれでした‼︎
何故なら.....
英語表記で、瞬時に判断出来ない&貼った本人(私)しか中身を理解出来ていない。
結局自己満足のラベリングだったのです。

見た目はかっこいいのですが、なんせ英語が苦手な我が家笑
見た目が良くても、どれがなんなのか分からなければ何の意味も持ちません。
また私自身もたまに間違えて中身を入れてしまう始末.....
なので、ここは見た目より家族みんなが分かりやすくする事、このように考え方を変えました。
そして結果、この洗剤のストック類は詰め替えやめました。

英語表記で残っているところは、この洗剤と。

このシャンプーとトリートメントくらい。これはかろうじて家族も分かるようです笑
でもそのほか、日々良く使うものは全部日本語表記に変えました。
一人暮らしなら自分だけ分かっていても問題ないですが、家族と暮らすということは、家族みんなが分かる収納にしないと、結局あれはどこ〜これはどこ〜なんて聞かれるなどストレスとなって返ってきます。

なので薬収納ももちろん日本語。
このラベリングは上から見てすぐ分かるようにケースを縦に並べて側面にラベリング。
並べた時に一目で探せるように、立てて収納するのがお薬収納のコツ。
このケースはダイソーの印鑑ケースで白は廃盤ですが、半透明は今もあります。

ちなみに昔は無理矢理カタカナで薬の中身を書いてました。しかし中身分かりづらかったです。

またキッチンのストック収納にもラベリング。
この時ポイントなのが、ケースに貼るのではなく、棚自体に貼る事。
この棚はカップボードの下の段で、ケースに貼ってしまうと、いちいちかかんで、ラベルを確認しなくてはならなくなってしまいます。

でも、この棚に直に貼る事で、立ったまま上から何がどこに入っているのかを確認する事が出来ます。
このIKEAのケースは、ケースの底がケースの4隅に突起がある為少し浮いているので、ラベルに直で触れる事なく引き出す事が出来るので、ラベルが剥がれたりはありません。

この調味料ラベルは、家族が料理する上で、すぐに分かるようにしなくてはいけない1番良く使う場所なので、ここは黒の蓋に黒のラベルではなく、黒に映える白のラベルで、あえてすぐ分かるようにしました。
このように同系色でまとめるのではなく、白には黒のラベルなど、反対色ですぐ目に入るようにするのも一つの手です。

このように、ただラベルを貼るのがラベリングではなく、中身をより分かりやすくするのがラベリングです。
皆さんも今一度、ラベルがちゃんとラベルの役目を果たしているのか考えてみてください♪

  • 94978
  • 345
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

▪️整理収納アドバイザー2級認定講師▪️インテリアコーディネーター▪️住宅収納スペシャリスト▪️防災備蓄プランナー2級⚪︎毎月町田で整理収納アドバイザー2級認定…

おすすめのアイデア

話題のキーワード