【工具なし】洗面所に棚を付けて収納を増やしてみました

ガラス面に薄い木材を張り合わせてリメイクした洗面所には収納スペースがなく、棚を固定することもできなかったので、使い勝手が悪かった洗面所の壁面を使って突っ張り棒と天板だけの簡単なDIYで、しっかりとした棚を付けて収納を増やしました。

  • 81700
  • 617
  • 3
  • いいね
  • クリップ

まずは、洗面所の幅に合わせてホームセンターで、木材を購入します。
軽い桐の木材を82.5cmにカットしていただきました。カット料金は、100円もしないのでノコギリが苦手な方にはホームセンターでのカットはオススメです。

持ち帰ってからは、サンドペーパーで塗装がしやすいように研磨し、木材をオイルステインのウォルナットに塗装し、つや消しニスで保護。

次に、セリアで買った突っ張り棒3本を洗面所の壁に固定していきます。購入時は、棚の長さに合わせて突っ張り棒の長さも確認して買いましょう。

3本の高さが揃うようにしっかり1本ずつ固定していきましょう。
ここに、先ほどの木材を天板にしてのせるだけで完成です。

ポイントはなるべく軽い桐で1cm幅の木材を選んだことです。突っ張り棒の耐荷量が1本1キロなので、よほど重たいものを重ねない限りは大丈夫です。

しっかりした棚ができたので、こちらに置きたかった小物を設置して模様替えをしました。

ダイソーで買った蓋つきのかごには、歯間ブラシを収納。

リサイクルショップで買った100円の蓋つきシュガーポットにはうがい液を収納。

ダイソーの紙コップスリーブを重ねて目隠ししたプラスチックのコップには、うがい液用のカップを収納しました。

ダイソーのウッドボックスはオイルステインのウォルナットに塗装し、ポケットティッシュを収納しました。狭いスペースなのですが、ティッシュは置きたいアイテムの一つ。
街で頂いた広告付きのポケットティッシュは中身だけを入れて活躍しています。

狭いスペースなので、なるべく目立たない小さなゴミ箱を置きたかったので、セリアのい草スクエアボックスに、ダイソーのブリキ缶を入れて、ゴミの目隠しにジュードを高めにカットしてブリキ缶を目隠ししました。

どれもカラフルなものや、みせたくない小物は目隠し収納にしています。
100円ショップとリサイクルショップで揃えたものなので、安くスッキリした収納ができました。棚が一枚あるだけで、すごく使いやすくなりました。
皆さんも是非壁面の幅をうまく使って棚置き収納を是非試してみてください。

  • 81700
  • 617
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

10歳と3歳の姉妹のママです。子育てしながらハンドメイドや100円リメイク、DIYで、子供たちが暮らしやすい部屋づくりを目指していますε-(´∀`; )    …

おすすめのアイデア

話題のキーワード