引っ越しの忙しい時にでもサッパリつるっといただける「大根とろろそば」の作り方紹介

お引っ越しの蕎麦は、本来は
「お側(そば)に越してきました。長ぁ~いおつきあいを」の意味を込めて
ご近所様に配るものですが
最近は、ご自宅の中だけで
手伝ってくださった方々といただく程度になりましたね。

作業で汗をかいた体に、サッパリしながら元気もつけてもらう
そんなお蕎麦です。
「大根とろろそば」の作り方のご紹介です♪

  • 4033
  • 56
  • 0
  • いいね
  • クリップ

大根とろろ蕎麦

ヘルシーでサッパリと頂けるのに、元気にもなれちゃう。

熱々のお汁に浸ったお蕎麦ではなく「つけそば」としていただく
意外な美味しさ!
大根のシャクシャクとお蕎麦がとってもよく合います。

かつらむき

最近は、くるくると回す野菜カッターが有れば
簡単にツマ状にできるようになりましたが
包丁だけでツマを作る場合は、こうしてかつらむきにします。

・大根、5㎝程度 皮をむいてかつら剥きにします。
(紫大根でしたので、こんな色合いです)

包丁を持った手と反対側の手の親指で上から大根を押さえ
その親指の腹に沿わせるようにして包丁を上下に動かしながら
薄く、かつらむきにします。

ぴろぴろと長く皮のようにむけた大根を
もう一度くるくると巻き直して
渦巻き状態の断面から千切りにしますと、「ツマ」ができます。

切ったツマは水にさらして、ハリっとさせて水気を切っておきます。

長芋をすりおろす

・長芋、15㎝程度 皮をむいて

おろし金だとキメが粗くなるので、当たり鉢で当たって
全部当たり終えたら、変色を避けるために
・塩、小さじ半分 を入れて

すりこ木でゴリゴリして、更にキメを整えます。

器に分ける

好みの器に分けて盛って、
・青のり、ドバっとかけます。

蕎麦つゆは、
食べる段階で、とろろが薄まらないようにかけながらいただきます。

盛り付ける

お蕎麦は、先に大根と混ぜておこうと思ったのですが
大根の水分で、お蕎麦の風味が崩れるので混ぜずに一緒に盛り付けます。

彩りでプチトマトも添えました。

テーブル

とろろの中に、卵の黄身 を落として月見状態にしても良かったのですが、
一品増やしてテーブルを賑やかにするために「だし巻き卵」にしました。

麺つゆ

麺つゆは、ドバっと入れてしまうのではなく
食べる分だけ少しずつかけて、とろろの風味を最後まで楽しめるようにします。

麺つゆの作り方
・醤油、カップ半分
・みりん、カップ半分
・水、カップ2
・三温糖、小さじ1
・昆布出汁顆粒、小さじ1
・カツオ出汁顆粒、小さじ半分
しっかり煮立てて、そのまま冷まします。

実食

大根と蕎麦を、ご自分の好きな配分で一緒に取って
いただいちゃってください。

柚子七味もかけると、爽やかな良い香りとピリッと引き締まった辛さで
お蕎麦と大根がより美味しくいただけます。

大根の甘さと食べやすいツマの形がお蕎麦ととってもよく合います。

お引っ越しに限らず、
普段の暖かい部屋でこんなお蕎麦も美味しいものですね。

春夏秋冬問わず、美味しくいただける
「大根とろろ蕎麦」の作り方のご紹介でした♪

  • 4033
  • 56
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード