築30年超え賃貸も、素材を活かして塩系ビンテージへ

リノベーション会社さんとのコラボで築31年マンションを
コーディネートさせて頂きました。付け鴨居、アルミサッシ
レトロな換気扇など、元の素材を活かしつつ旬の塩系インテリアを
意識したビンテージスタイルに仕上げました。

  • 48874
  • 480
  • 4
  • いいね
  • クリップ

古いマンションにありがちな暗くて狭い印象を払拭するために
壁、天井は白ベースでとにかく明るく。
白をベースにしたことで、古いアルミサッシも活きて見えます。

建築当初からある付け鴨居は残し、両サイドにウォールランプを
取り付け壁のアクセントとしながら
雑貨や衣類を飾りながら収納できるスペースとしました。

畳は取り外し賃貸ならではの床の傷付きさえも
味になるような古材風の床材を選択。
家具が少なくても床材だけで雰囲気の出るデザインにしました。

古いキッチンタイルは取り払い、黒のキッチンパネルを
カフェの黒板風に見立て、ウォールステッカーでアクセントを
付けています。元々暗いキッチンですが壁や収納扉を白くしたことで
暗すぎず清潔感ある雰囲気に仕上がりました。

元々のレトロな換気扇さえも貴重に見えてきます。

狭い賃貸なので家具や飾るものが少なくても
今、旬のミニマリストの方も心地よく住んで頂けるように
コーディネートしています。

ダイニングスペースの収納棚は
扉を取り払い、簡易的なワークスペースに。
見せる収納にも便利です。

今回、オーナー様のご意向で和室を残す必要がありましたが
住まわれる方の志向を先読みし、和室をコンクリート壁紙で仕上げています。
ラグを敷けば簡単に洋室として使用して頂け、そのままの和モダンを
楽しむことも出来ます。

  • 48874
  • 480
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

片付け・収納

【書籍5冊出版】整理収納コンサルタント/暮らしコーディネーター。WEB総フォロワー17万人。NHKあさイチ、教えてもらう前と後などメディア出演実績多数。【動画出…

おすすめのアイデア

話題のキーワード