ダイニングの『椅子カバー』を オリジナルハンドメイド☆

ダイニングの椅子。 10年使っていたら、 座面から針金のようなものが出てきちゃいました。

これは 修理しなければ!!と、 椅子のレザー張替えを 決行。

張り替え途中に、 なんと、 専用カバーの制作方法を 思いついてしまいました☆

  • 3958
  • 55
  • 2
  • いいね
  • クリップ
椅子の座面の矢印部分から なんとっ 針金が出てきました!

座るたびに お尻に刺さって、、 まるで凶器のようでした(汗

これは 直すしかない!? と思い 動くことにしました。





椅子をひっくり返して 中を見て見ます。

椅子の構造って こんな風になってたんですね~~。

スプリングの一部が折れて 座面から突き出していたことが分かりましたので、
そのスプリングが もう突き出してこないように ペンチで処理しました。




この際 椅子も張り替えてしまおうと 張地を外しました。
椅子のスポンジも だいぶへたっています。




縫製されていた椅子の張地の縫い目を 一つ一つ丁寧にほどいていきました。
すると 画像のような 3つのパーツに分かれました。

これを新しく用意していた フェイクレザーの布に写して、
同じように縫製していきます。




椅子の張地の張り替えが 完了しました。

ちなみに 画像手前が 新しく張り替えたものです。




椅子の張り替えが終わったとたんに、
「おんなじような手順を踏めば、 専用のカバーもできるんじゃない??」
と気づきました。

裾部分だけ 折り返す形で カバーを作ります。




「かぶせるだけでいい」という、 装着簡単な『椅子カバー』が出来上がりました☆

ちょっと裾部分を きつめに作るのが ポイントです。




 
好きな布で作って、 お部屋の印象を がらりと変えてみるなんていかがでしょ~。






LIMIAからのお知らせ

えっ、10万円も安い火災保険見つけた♡
見直しも!初めても!あなたの家に最適な火災保険を無料で診断!

  • 3958
  • 55
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

築30年以上の中古物件に住んでます。ちょっとでも過ごしやすい家に、ちょっとでも好きな空間に、を目標にDIYがんばってます~。

おすすめのアイデア

話題のキーワード