【今週のLIMIA推し】無印良品の〔MUJI BOOKS〕の新しい文庫本シリーズで、「いい言葉」と暮らす。

シンプルで質のいいものと向き合い続けてきた〔無印良品〕。そのブックセレクト〔MUJI BOOKS〕から、新たに文庫本シリーズが発売されました。〔無印良品〕らしく、インテリアにも馴染むシンプルなデザインの文庫本たちは、いったいどのようなコンセプトや特徴を持っているのでしょう?

  • 35375
  • 105
  • 0
  • いいね
  • クリップ

「ずっといい言葉と。」

『茨木のり子』(著者:茨木のり子 発行元:株式会社良品計画 価格:税抜500円)

〔無印良品〕が展開する〔MUJI BOOKS〕は、「ずっといい言葉と」をコンセプトに掲げた本のセレクトショップ。

創業以来、モノ本来のすがたを、「素」となる少しの言葉で伝えてきた〔無印良品〕。今回誕生した〔MUJI BOOKS〕の文庫本たちには、そんな〔無印良品〕が古今東西の書物から集めた「素の言葉」「ずっといい言葉」が詰まっています。

「人と物」をつなぐ本たち

左から順に、
●『柳 宗悦』(著者:柳 宗悦 発行元:株式会社良品計画 価格:税抜500円)
●『花森安治』(著者:花森安治 発行元:株式会社良品計画 価格:税抜500円)
●『小津安二郎』(著者:小津安二郎 発行元:株式会社良品計画 価格:税抜500円)

〔MUJI BOOKS〕の文庫本では、職業のジャンルを問わず「くらしを見つめた文筆家」を取り上げ、複数の短編や写真などを集めて1人1冊の仕立てに編集しています。

2018年2月現在、発行されている文庫本は全6冊(『人と物1〜6』)。「人と物」第一弾では「くらしを考える仕事、三者三様」をコンセプトに、『柳 宗悦』『花森安治』『小津安二郎』の3タイトルが登場。いずれも、美術評論家、雑誌編集長、映画監督と、それぞれの立場から「くらし」を見つめた人物です。

左から順に、
●『佐野洋子』(著者:佐野洋子 発行元:株式会社良品計画 価格:税抜500円)
●『茨木のり子』(著者:茨木のり子 発行元:株式会社良品計画 価格:税抜500円)
●『米原万里』(著者:米原万里 発行元:株式会社良品計画 価格:税抜500円)

第二弾は「くらしを味わう言葉、三者三様」がコンセプト。絵とことば、詩やエッセイ、翻訳された言葉など、さまざまな形で言葉と向き合った『佐野洋子』『茨木のり子』『米原万里』の3タイトルとなっています。

シンプルなデザイン

中には文章だけでなく、本人の写真や系譜、原稿の写真なども数多く掲載されています。

〔MUJI BOOKS〕の文庫本は、〔無印良品〕らしいシンプルでおしゃれなデザインが特徴。クリーム色の表紙と、クラフト紙のような素材の帯がやさしい印象です。

読み終わったら、インテリアとして飾ることもできます。本棚の中はもちろん、机の上、飾り棚の上など、いろんな場所になじんでくれそうです。

〔MUJI BOOKS〕で、本のある毎日を。

コンセプトやデザインなど、さまざまな箇所に〔無印良品〕らしさが散りばめられた〔MUJI BOOKS〕の文庫本。

読書好きの方も、普段あまり本を読まないという方も、ぜひ一冊手に取ってみてはいかがでしょうか? あなたの暮らしを豊かにしてくれるような、「ずっといい言葉」と出会えるかもしれません。

〔MUJI BOOKS〕の導入店舗、アトレ恵比寿店をご紹介しています。


LIMIAからのお知らせ

太陽光発電の見積りを無料お試し

1.見積もりを無料でお試し
2.太陽光発電の簡単相談

  • 35375
  • 105
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAスタッフが100均などで見つけた「ちょっと紹介してみたくなるアイテム」をちょこちょこご紹介していきます!

おすすめのアイデア

話題のキーワード