外装リフォームでガラッと印象を変えてみる!

外壁、そろそろ汚くなっていませんか?ひび割れ、気になっていませんか?気になっていますね。分かります。リフォームしてしまいましょう。

  • 3164
  • 16
  • 0
  • いいね
  • クリップ

人間最終的には中身が大事ですよね。でも第一印象も案外大事なんですよね。家もそう、あんまり不格好なのはせっかくの家にナンセンス。目に見えるもので判断されることが多い世の中、家も中身が(つくり、構造)とっても大切だけれども、外見だってきれいにしておきたいものです。

外壁リフォーム、補強の意味も兼ねて・・・

だからと言って別に見た目が悪い家を狙って外装リフォームを勧めているわけではございません。ヒビ割れ、裂傷、耐震面での補修、補強をした方がよいのでは、という方にも勧められます。また、ご自分たちで外壁もきれいにしたい、という方のご相談に乗っています。色を変えたり、材質を変えてガラッと新しい家のようになるのも素敵です。。

まずは古民家を補強しながら外装もリフォームの例をご紹介

Before

After

脇からBefore

After

外壁の真壁づくりは本当、素敵ですね。ザ・和!でしょうか。

色を塗り替えるのもありでしょう。

塗り替えてガラリと印象変えて、みてもそれはそれでステキ。

Before

スタンダードアイボリーからのAfter

鮮やかな、からし色?より明るめな色でしょうか。きれいですね。和の色です。山吹色よりは本当、黄色と言っていいかもしれないです。

外壁材もいろいろ

外壁材も様々なものが出ています。地震に強いもの、紫外線による色褪せを防いだり、汚れを付きにくくしたり、(光触媒など有名ですね。)いいものがたくさんあります。和も洋も外壁材一つで印象がだいぶ違います。お好みのものを厳選してください。外壁に取り付ける飾りなどもあるのでお好みでつけてもいいかもしれません。

  • 3164
  • 16
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

工務店

「末永く暮らしていただける、愛され続ける家づくりを。」永く住めば住むほどに、その本来の良さが出てくる木の家。それが、長持ちし愛され続ける木の家づくりにこだわる理…

おすすめのアイデア

話題のキーワード