程よい距離感で、家族がつながる。安心の二世帯住宅へ「まるごと再生」

「以前は部屋数が多く、使っていない部屋もありました」とNさん。築26年のお住まいは、ご夫婦の暮らしに間取りがあっていませんでした。そこで、子世帯との同居を機に、二世帯住宅へ『まるごと』再生。お互いの異なる生活リズムを考慮し、分離型の間取りに一新しました。まず、親世帯が暮らす1階は、DKと和室を一体化し、広々LDKを実現。また、小上がりの畳スペースを設けて、「畳下の収納が便利!引き戸を閉めれば個室にもなります」。一方、2階は壁と天井を取り払い、家族が集まる子世帯リビングを新設。さらに、子ども部屋を隣接させて、自然に顔を合わせる工夫も。「対面キッチンからも子ども達を見守ることができ、自然と会話が増えます」さらに、上下階のLDKが重なるように配置。床の防音対策も実施し、お互いが気兼ねなく暮らせる工夫を施しました。

  • 2245
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

【子世帯用LDK】日当たりの良い2階に新設した、子世帯用のLDK。小屋裏には、大容量のロフト

【親世帯用LDK】DKと和室を一体化し、親世帯が暮らす広々LDKが誕生

【外観】標準仕様の【制震装置】+【補強】の耐震工事を施し、芯から強く再生

【キッチン】家族と会話をしながら、料理を楽しめる対面キッチン

【子供部屋】帰宅した子ども達が、必ずリビングを通って出入りするように、子ども部屋を隣接

【玄関】子世帯用の玄関。天井までの高さがある収納を設置し、スッキリ片付く


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 2245
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

東急沿線の街づくりをはじめ、百貨店・ハンズなど、人々の暮らしに密着した事業を展開する東急グループ。そのリフォーム部門を担う同社は、リフォーム創業50年、55万件…

おすすめのアイデア

話題のキーワード