タルトの焼型と組立式のグラスで収納タワー

憧れていたものをやっと作れました。

意外と大容量の収納力で、お気に入りです。
インテリアにもなるし、机の上が一気にスッキリしました。

  • 4247
  • 37
  • 0
  • クリップ

ダイソーで揃います。

必要な素材は、全てダイソーで揃います。

・タルトの焼型(3つ 大中小)
・プラスチック製 組立式シャンパングラス(フルート型4p)

ダイソーで買うものは、これだけ。
※108円(税込)意外の素材(タルトの焼型)もあります。

あとは、最後までお読みいただき揃えてください。

タルトの焼型ですが、100円・200円・300円(全て税抜)のものが写真にはあります。
このうちの300円のものはちょっと仕様が違いました。

底が取れる仕組みになっていました。
購入するときは、まったく気づかず…この型を見つけたときは、すでに頭がシャンパングラスを考えていたので、表にちゃんと書いてあるにも関わらず、そのまま買ってきちゃいました^^;

今回は、底と型をのりでつけるところから…手間がかかっちゃったけど、無駄にはならずによかったです。
よく確認してから購入しましょう!私が1番危ないですが。。。

ちゃんと書いてあります。
用途にあった方を買いましょう。

今回は、このタイプじゃなくていいです。

メディウムについて…

強力接着剤です。
フタを開けたら分離していたので、ペインティングナイフでかき混ぜてから使用しました。
型と底をこれで貼ります。

こういうメディウム系やこういう容器に入ったものは、普段あまり使わなくても時々かき混ぜてあげるといいですよ、特に使い込んで空気の層より容量が少ない場合は、固まってしまいます。
なので、使わなくてもよくかき混ぜてあげることが大切です。最後まで無駄無く使い切りましょう。

筆には乾かないようにウェットティッシュを巻いています。
メディウムはカッチコチに固まるので、完全に乾いてしまうとアウトです。

なかなか乾かない。。。

メディウム…便利なんだけど、なかなか乾かないので速乾性の多用途用ボンドを使っちゃいました。
(写真がピンぼけしてまして申し訳ないです。)

シャンパングラスの高さを揃える。

フルート型は長い方です。
今回は、2つ使います。
1つは底とジャーの部分を組立てたもの。もう1つは底はつけず、ヤスリで削ります。

カッターでやってみたけどダメで…
はさみである程度切ったら、ヤスリで削って高さを均一にします。

はさみで一気に力任せは破損の原因になると思います。
やってみるとわかります。

なので、傷つけて少しずつ出っ張ったところを切っていってください。
それからヤスリで削ります。

ヤスリで残ったバリを削る。

レジン用のヤスリ。(レジンはやりません)
削りやすいのをみつけてください。

カッターマットの上でこんな感じでやってました。

ここのプロセスはとても大事で、切り口が斜めになっていると
タワーも傾いちゃうのでしっかりバリを削ってください。

小さな失敗は、後に大きな影響を与えます。

収納タワー完成

まだ、机の上もDIYが進んでおらず、もう少しオシャレに撮りたかった。

メモをクリップなどで挟んでもいいし、まだまだ使い方はあると思います。
私は、そのままの素材を生かして作りたかったので型にはなんにも手を加えてません。

錆び加工してもいいし青錆もいいですね。

こうして憧れていた収納タワーが自分でしかも100均の素材で作れちゃいました。

今回、シャンパングラスを選んだのは、
型に穴をあける工具がなかったためです。

芯もなかなか思い浮かばず。。。

発想の転換をしました。
ケーキスタンドも作れちゃいますね。

横に物を置いていくと机が狭くなるので、場所もとらず意外と大容量な収納タワーになったので、ちょっと華奢ではありますが、大満足なDIYでした。

シャンパングラスにスタンプインクで着色をしていたら、手が凄い汚れて写真を撮るどころじゃありませんでした。。。

組立て方は、真ん中の型の裏にグラスの底(組立てた方)を多目的用ボンドで貼り、1番上の型の裏に同じように貼ります。(削った方)
私の場合、中心はだいたいでやっています。

それから、1番下の型の表の上にボンドで先ほど貼った真ん中のグラスを貼り、1番上も同様に貼ります。
グラスの上下の向きは気をつけて下さい。(グラスは2つとも逆さにします。)

また、完全にのりを乾かしてから次の作業をするとよりキレイに作れると思います。
もし、はみ出たのりが気になる人は、私の場合ですが、パールコードを貼りました。

パールコードはセリアで見かけたことがあります。
パールを一粒ずつ貼っていってもいいですね。

  • 4247
  • 37
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード