割れたファンデーションも元通りに!使えなくなったコスメを復活させる裏技

ちょっとしたことで割れてしまうファンデーションや折れてしまう口紅。乾燥してしまったマニキュアやマスカラ。気に入っているのに使えなくなるのはもったいないし、どうにか復活させられないものか……と悩んだ経験はありませんか? 今回はそんな使えなくなったコスメを、家にあるもので手軽に復活させる方法を実際に試してみました。

  • 95717
  • 202
  • いいね
  • クリップ

まだ使えるから捨てたくないメイクアイテム、どう復活させる?

みなさんは割れてしまったファンデーションや折れてしまった口紅などの使えなくなった化粧品、どうしていますか? どうにか使用することもできるけどやっぱり使い勝手が悪いし、外出先でお化粧直しするときはだらしなく見られてしまいそう、とそのまま放置していませんか?

そんな化粧品を身近にあるもので復活させる方法があるんです! ということで、今回は「割れたファンデーション」「折れた口紅」「割れたチーク」「乾いたマスカラ」の4つをきちんと復活させられるのか試してみました。

割れたファンデーションを復活させてみた

ファンデーションのコンパクトって、しっかりしているように見えて落としたりすると中身だけ衝撃で割れてしまっているんですよね。

今回、この割れてしまっているファンデーションを復活させてみます。

まずはファンデーションのかけらと、コンパクトに残ったファンデーションも爪楊枝などで全て取り出して丈夫な袋に入れます。袋は丈夫でないとファンデーションを粉々にする過程で穴が開いたり裂けたりする可能性があるので注意してください。

そして袋に入れた上から硬いもので細かく砕いていきます。ここでのポイントは、できるだけ細かく砕くことです。そうすることによってあとで固めたときに滑らかなファンデーションに戻すことができます。押しつぶすというよりはすりつぶす感じで砕いていくことが細かくするポイントです。

しっかりと粉々にしたファンデーションをコンパクトの容器に戻します。できるだけ均一にならしながら入れていきましょう。

全て戻したら、上からラップを被せ、指でしっかりと押さえてプレスしていきます。ここでもできるだけファンデーションが平らになるように均等に押さえていくことが大切です。

指で届かない角は綿棒でしっかりと押さえます。隅々までしっかりと押さえたらもう完成間近! 詰めたファンデーションを落ち着かせるために、冷蔵庫で2〜3時間寝かせましょう。

これで完成です。割れる前よりはまたヒビが入ったり割れたりしやすくなるそうですが、これで普通に使えるようになりました。プレスするときに空気が入らないように、できるだけしっかりと押し固めると再び割れにくくなりますよ。

家にあるものでできるので、割れたファンデーションやチークは復活させて使っちゃいましょう! 

折れた口紅を復活させてみた

普通に使っているつもりなのに、何かの拍子に力が加わってポッキリと折れてしまう口紅。根元から折れてしまうともう使えないしがっかり……。

この口紅、実は簡単にくっつくんです。

まず、折れてしまった口紅の断面を、ドライヤーでしっかりと温めて柔らかくしていきます。

しっかりと温めたら、もう一方の口紅に合体させ、押し付けます。折れてしまった部分はよれたり隙間が空いたりしているので、柔らかいうちに綿棒などでならして平らにしていきましょう。

あとは冷まして固めるために冷蔵庫で2〜3時間放置するだけです。

元通りにくっつきました! 温め方も、ライターであぶるなどの別な方法がありますが、危ないので今回はドライヤーにしました。

くっつきましたがまた変な力が加わると同じところで折れる可能性があるので、繰り出しすぎないようにして注意して使ってくださいね! 

割れたチークを復活させてみた

割れたチークもファンデーションと同じ方法で復活させることができますが、今回は違う方法を用い、練りチークとして復活させる方法を試しました。

バキバキに割れてしまったチーク、どうせなら今流行りの練りチークにして血色感メイクを楽しんでみましょう。

まず、チークの中身を全て丈夫なビニール袋に移します。

移したチークを指や硬いものでできるだけ細かい粉末状に潰していきます。

粉末状になったチークをトラベル用のケースなどに移します。まずは半量くらい出した方がこの後の作業がしやすくなります。

その上から適量のワセリンを出します。これも少なめに出した方が後から調節しやすくなります。

スプーンの柄などの細いものでよく混ぜます。様子を見ながらワセリンやチークの粉末を足していきましょう。

しっかりと混ざったら、上からラップなどをかぶせて押し、綺麗に詰めていきます。

これで完成です。

ワセリンのテカリやベタつきが気にならないようにするには、チークの粉末に対してワセリンを少なめに混ぜることです。逆にツヤ感を出したい場合は少しワセリンを多めにするといいでしょう。

このようにしっかりと発色し、肌に密着する練りチークができました。

バサバサのマスカラを復活させてみた

マスカラがバサバサになる原因は、水分が飛んでしまい、油分や繊維が固まってしまうことです。使う時に何度もブラシを出し入れし、空気が混ざってしまうことでマスカラの劣化を加速させます。

固まってしまったマスカラを今回は、天然の植物由来のオイルをいれて復活させる方法を試してみました。

ブラシに一滴オイルをたらしてボトルの中で混ぜます。私の場合は、乾燥が激しかったので追加で2滴ほどいれました。

ブラシを出したときの様子に変化はさほどかんじられませんでしたが、乾燥してくると起こるボトルの入り口のあたりでブラシがごそごそと取り出しにくいかんじが格段に軽減されていました!

マスカラの伸びを比べてみると一目瞭然! 上記写真の左がオイルを入れる前、右がオイルを入れたあとです。さすがに新品のようにはいきませんが、潤いが出てダマになりにく色伸びがよくなりました。

ほかにも、一時滴ではありますがドライヤーなどであたためることで油分が溶けて使いやすくなったり、ニベアの青缶のクリームを入れるのも効果があるようです。

まとめ

使えなくなったコスメの復活法、意外と身近なもので手軽にできました。使い心地や見た目などはすっかり元通りとまではいきませんが、ここまで簡単なら復活させて最後まで使い切りたいですよね。

ほとんど必要なものは家にあるものばかりなので、使えなくなって捨てようと思っているコスメがあったり、眠っているコスメを持っていたりする人はぜひ気軽に試してみてください! 


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 95717
  • 202
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード