W邸-124平米の広さをいかした巨大“ワンルーム”

Wさんご夫婦は、共働きのため、家族みんなで子育てがしたいと妊娠を機に、奥様のご両親が住んでいる南千住のマンションの別のお部屋をご購入、リノベーションに踏み切りました。特徴的なのは、124㎡という広さを生かしてお部屋を多く造りながらも、マスターベッドルームとサニタリー以外は、ひとつながりの巨大な“ワンルーム”になっていることです。

まず玄関に入ると、入口が円形になっていて、視線が全方位にまわります。“ワンルーム”の中心は流線形のキッチン。リビングと玄関の間にはバーカウンターがあり、間仕切りにもなっています。キッチンとワークスペースの間は子供用のプレーグラウンドを。ワークスペースの壁はガラスになっているので、キッチンとワークスペースの双方から子供の様子を見ることができ、将来はここを個室にすることも可能です。また、どこにいても同じように音楽を楽しみたいというご希望から、「エムズシステム」の波動スピーカーを採用しました。空間全体に音楽が流れる、心地良いお家になりました。

  • 3888
  • 26
  • 0
  • いいね
  • クリップ
生活の中心には流線形のキッチン
キッチンを中心に動線が確保されている
リビングから玄関方面を見る。正面はバーカウンター
作業スペースは床を一段下げてタイルを敷いた
アーチの奥は水回り。通路の突き当たりには本棚と小窓を造作
ワークスペースと、隣接する子ども用のプレーグラウンド。その向こうにはキッチンが
玄関を入って左手は壁に囲まれプライバシーが守られた寝室
  • 3888
  • 26
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード