【結露対策】カビからお家を守る方法と掃除

寒さが増してきました。

暖房を使用すると「結露」が起きてしまうお悩みが…

結露をそのままにしておくと、窓や壁にカビが発生してしまいます。

そのカビを体内に吸い込むことで悪影響も出てしまいます。



そこで、出来るだけ簡単に、今すぐできる結露対策とお掃除法をご紹介します。

  • 59653
  • 991
  • 6
  • クリップ

大阪箕面:自然派ハウスクリーニングHappyLifeの山崎由香です。


毎日寒いので暖房を使用しますよね。

そこで悩むのが「結露」

結露が起きやすいお家と、結露が起きにくいお家の差はいったい何でしょう?

そこがわかると、対策もしやすくなりますよ☺

室内温度を上げすぎない!

結露が起きる原因は「温度差」外気との温度の差です。

窓・壁などに結露が発生するの理由もこれです。



対策として、まず、暖房の設定温度を調節してみる。

そして、窓や壁にも暖かい空気を送る。ことが大切です。

窓や壁に温かい空気を送る方法

私のお家には、壁掛け扇風機が沢山あります。

小型のサーキュレーターも便利ですよね。

家にある扇風機を活用するだけで、室内空気が循環でます。

温かい空気は「下から上に上がる」ので下から風を当てるといいですよ☺

もっと、簡単に風を回す方法は

・窓を開けて換気する

・換気扇をまわす。


24時間換気を利用することで、簡単にできます(^^♪

窓を開けることで、からからに乾いた室内空気の入れ替えにもなりますよ。

インフルエンザ予防のためにも換気は必要です。


うちは、24時間レンジフードまわってます(^^♪

窓や壁にすき間を空けると効果的

すき間があると、空気が流れるので結露しにくいです。

・家具・家電と壁のすき間を空ける

少しでも温度差を減らすことで、結露が出来る理由がへりますよ。

押しれも換気!

北側押入れの結露がひどくて…

そんなお客様が、押入れの中に「除湿器」を置きました。

すると、カビが増殖…

え~!

良かれと思ってしたことが、悪い方向に…

なぜ、カビが増殖したかというと。



除湿器から熱を発していたから。



機械を動かすので除湿器が暖かくなるので(;'∀')

カビが生える条件を作り出してしまったようです。

カビが生える条件

・湿度

・温度

・栄養

除湿器では間に合わない量の結露の場合、定期的に扇風機などで風を送るのが一番です。

結露からカビを発生させないためのお掃除は?

カビが発生する条件の一つ「栄養」

つまり「ホコリ」です。

窓の淵にホコリが溜まると、水分含んで黒くなります。

カビの始まり…

見つけたら、キッチンペーパーでなぞって、ホコリをとるだけでOK!

湿っているので、意外と取れやすいです。

取れない場合は、歯ブラシも併用してくださいね。

窓の結露予防に「界面活性剤」

界面活性剤は、水をはじく効果があります。

食器洗いなどの「中性洗剤」を薄めた物で窓を拭くと1週間ぐらいは持ちます。



試供品などで頂いた「リンス」にも界面活性剤が入ってます。

こちらも同様の使い方でOK.

私が使っているのリンスは「ノンシリコン」タイプですが、調べたら界面活性剤入ってました。

界面活性剤は、髪のくし通りをよくして、静電気を起こさないための必須アイテムだそうです。



試供品のリンスが余ったら…

トイレ掃除の仕上げに使うと、汚れをしばらくはじいてくれます。

やり方は、トイレ掃除の洗剤の代わりにリンスを使うだけ。

しばらく効果があるので、時々するといいですよ☺

少しでも結露を少なくする方法は

・換気して風を送る

・温度差を少なくする工夫をする

・程度な加湿にする



いろんな結露対策グッズが出てますが、上手に使って快適に過ごしてくださいね。

  • 59653
  • 991
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード