枯らし名人でもできる! グリーンのあるインテリア アイデア実例

観葉植物のあるお部屋にあこがれませんか?
私も、憧れて、今までいろいろ置きました。そして日照不足かはたまたお手入れ不足なのか・・・何度枯らしたことか。
そんな枯らし名人のインテリアコーディネーターが語る グリーンのあるインテリアアイデアです。 枯らし名人のあなたのお役にたてますように・・・

  • 4629
  • 51
  • 3
  • いいね
  • クリップ

自称枯らし名人がおうちの中に取り入れることができるアイテムはずばり。
フェイク、プリザーブドフラワー、ドライフラワー、そして…あるもの。
以上の大きくわけて4種類のグリーンの実例をご紹介します。

お手入れいらず 置き場を選ばない フェイクグリーン。

水がいらないので、置く、壁にかける、吊るすなど置き場所を選ばないので重宝されるフェイクグリーン。

トイレの壁のコーナー部分に棚をつけて高い位置から垂らす。

白い壁のアクセントに、アイアンバーに引っかけて吊るす。写真がアップすぎて偽物っぽいですが遠目に見たら本物に見えます。

ワイヤークラフトと組合わせて壁にかける。

天井から吊るした雑貨にひっかけて、さらに縦のラインを強調。すてきなお部屋のアクセントになります。

照明にひっかけて垂らす。
これもとても素敵なアクセントになります。おすすめアイデア!!

キッチン周りにもさりげに。
ホーローとグリーンの相性はいいですね♪

色の変化も魅力の一つ ドライフラワー 

ドライフラワーは、生花を乾燥させたもの。
月日とともに徐々に変化していく色合いもまた魅力の一つです。
お値段的にもそんなに高価じゃないので気軽に飾れる、インテリアにあうお花です。
3か月から半年ぐらいで退色し、永遠じゃないので時折り替えてお部屋のイメチェンできるのもいいところです。

壁にかけるリースがインテリア性を高めるにはぴったりです!

人気の高い紫陽花のリース。

こちらはフレッシュミモザのリース。
作った時は生のまま。飾りながら徐々にドライになっていくという変化を楽しむリースです。
壁掛けももちろんいいのですが、こうやって、置いて楽しむ方法もあります。

壁に穴をあけたくない・・・そんな時はリース用の立てかけボードを利用してみては?
玄関の下駄箱の上やリビングのキャビネットの上に、立てかけて使用するものです。

まるで生花のよう! プリザーブドフラワー

プリザーブドフラワーとは生花や葉を特殊液の中に沈めて、水分を抜いた素材で
見た目はまるで生のお花のように見えます。
触ってみても、生のお花みたいです。
でも、生のお花と違うのは、何年も美しさを保つことです。
色鮮やかなので、インテリアにもぜひ取り入れていきたいですね。

プリザーブドフラワーもリースで楽しむとインテリアに取り入れやすいです。

ちょっとしたアレンジにして、まるで生花のように楽しむのもいいですね。
なんてったてお水を変える手間なく何年もこの色合いが楽しめるんです!

でもやっぱり、本物の生の植物を取り入れたい! そんな時は・・・

フェイクもドライもプリザもいいけど・・・
でもやっぱり本物の生のグリーンを取り入れたい!そんな時には。

自称枯らし名人の私が自宅でもう4年ぐらいもたせている多肉植物です。
ぷっくり感がかわいくてお気に入りです。
ほとんど水をやらなくてもいいし、ほんとうに手間いらず!

食卓にグリーンを一挿し。
そんな時は枝物をチョイス。枝なら水替えほとんどしなくてもけっこうもちます!
この写真はオリーブの木。
食卓にオリーブの木が一枝、なんとなく幸せな気持ちになれますよ。

もうひとつ、長持ちするグリーンと言えばアイビー。
水につけとくと根っこがでてきて、長持ちしますよ。
見た目もおしゃれなのでおすすめです!

ミヤカグでは、一輪挿しを購入してくださった方でご希望の方には
アイビーを一枝プレゼントさせていただいております^^

上記、ご紹介したもので生のグリーン以外はミヤカグでお取扱いしております。
枯らし名人の強い味方のインテリアショップです(笑)

  • 4629
  • 51
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

工場併設のインテリアショップ「ミヤカグ」いい家具は全国から探してくる、どこにもない家具は作る、そして使い続けたい家具はリメイクする!をめざすインテリアのプロショ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード