タコ糸がおしゃれに変身!DIP DYE タッセルキーチェーンの作り方

100均や手芸店などで安価で手に入る「タコ糸」を使ってタッセルのアクセサリーを作ってみました。
DIP DYEの技法を使っておしゃれに変身させます♪

  • 6565
  • 63
  • 0
  • いいね
  • クリップ

タッセルキーチェーンを作ろう

タコ糸をDIP DYEの技法で染色してタッセルのキーチェーンアクセサリーを作りました。
バッグや鍵に付けたり、お部屋の飾り付けやラッピングにも使えそうです。
制作時間は染色に約1時間半、タッセルにするのに約15分です。
作り方を詳しくご紹介します♪

DIP DYEとは?

DIP(ディップ)=ちょっと浸す、DYE(ダイ)=染めるという意味で、布全体を浸けて染めるのではなく、
部分的に染料液に浸して色をつける染色方法です。

用意するもの

・PAC FABRIC DYE
・タコ糸(綿のもの)
・お塩
・容器
・スプーン
・ゴム手袋
・衣類用洗剤
・ハサミ
・キーチェーンの金具

染料の量の目安

今回染めるのもはとても小さいので、染料液100mlあれば十分です。
お湯100mlに対しての各分量は染料約0.1g、固着剤約1g、お塩約5g、色止め剤約0.3mlが目安です。
(染料、固着剤・色止め剤はPAC FABRIC DYEのキットに含まれています。お塩は別途ご用意ください)

作り方の手順

1、タコ糸を好みの長さになるように、段ボールなどに巻き付けます。


一箇所を束ねます。


輪になっているところをハサミでカットします。


約20cmの糸もカットしておきます。



2、染料、固着剤、お塩を計量して容器に入れます。



3、40〜50℃のお湯で溶かします。



4、タコ糸をお水で濡らしてから染色液に浸けます。
20cmにカットしたタコ糸は全体を浸けます。


タッセルにする部分は3分の1から2分の1くらいを染色液に浸けます。


ときどき上下に動かしながら1時間浸けます。



5、洗剤を入れてお水ですすぎます。(2、3回お水を入れかえてすすぐ)



6、容器に40〜50℃のお湯を入れ、色止め剤を溶かします。
すすいだタコ糸を15分間浸けます。



7、再度すすいで乾かしたら染色は完了です。



8、金具を取り付けます。


20cmのタコ糸で縛ります。



9、長さを整えたら完成です。

使用した染料

ご家庭で手軽に染色が楽しめる染色キット「PAC FABRIC DYE(パックファブリックダイ)」
日本製の高品質の染料です。
公式オンラインショップ、アマゾンで販売中です。

まとめ

タコ糸でなくても、綿や麻の糸でも作れますよ。

寒い日が続いていますが、おうちの中で手軽にできるハンドメイドを楽しみましょう!

  • 6565
  • 63
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

簡単・キレイに染まる家庭用染色キット「PAC FABRIC DYE」(パックファブリックダイ)です。染色キットを使ったリメイク術やアイデアを詳しくご紹介します。

おすすめのアイデア

話題のキーワード