お弁当にも!ペルーのそぼろご飯、アロスタパド

トマトなどと炒めたひき肉を使った、盛り付けが楽しいペルーの「そぼろご飯」です。冷めても美味しいのでお弁当にもおすすめ。

  • 3740
  • 39
  • 0
  • いいね
  • クリップ

前回ご紹介したペルーの肉野菜炒め、ロモ・サルタードと並んで、日本人が食べても何かホッとするペルーの味としてご紹介したいのがこれ、ペルーのそぼろご飯、アロス・タパドです。

アロスは米、タパドは蓋、という意味だそうで、ペルー北部の料理だそうです。地元にあるペルー料理やさんで頼んでから、美味しくてはまってしまいました。

やはり目を引くのは、この盛り付け方。こんもりご飯の間にサンドイッチされたお肉。材料はシンプルですが、ちょっと豪華にも見える一品です。

材料(4人分)

赤タマネギ:1個(普通のタマネギでもOK)
にんにく:2かけ
牛ひき肉 :450グラム
トマト:中3個
レーズン:大さじ2
オリーブ油漬 :1/2カップ(あれば)
固ゆで卵 :4個
パセリのみじん切り:1/4カップ
塩コショウ
クミンパウダー:小さじ1
ウースターソース :大さじ1/2
アーモンドミール:大さじ1(あれば)
オリーブオイル
ご飯:茶碗に軽く4杯

作り方

オリーブオイルをしいた鍋にまずはにんにくを入れて炒め、香りが立ってきたらみじん切りにした玉ねぎを入れて炒めます。

玉ねぎがしんなりしてきたらひき肉を投入。色がつくまで炒めます。

種をとってみじん切りにしたトマト、みじん切りにしたオリーブの油漬けを入れさらに炒め、クミンパウダー小さじ1、ウースターソース大さじ半分を入れます。

アーモンドミールはとろみをつけるために入れますが、ない場合は飛ばしてもOK。

最後にレーズン、刻んだパセリも混ぜ、塩胡椒で味を整えます。

盛り付けです!

ここではご飯茶碗2杯分ぐらい入るボウルを用意しましたが、お好みで、お茶碗を使って個別に作っても良いですし、大きなボウルで4人分どーんとまとめて作ってもオッケー。

まずはご飯の半量をボウルに入れます。

真ん中にお肉を乗せ・・・

残りのご飯で蓋をします。

ボウルにお皿を当て、中身をひっくり返してお皿に乗せます。

パセリ、ゆで卵のスライスをトッピングして完成!

ゆで卵は細かく切ってご飯に混ぜてしまっても、飾りとして使ってもオッケーです。

お好みでゆで卵ではなく、目玉焼きを乗せても。

冷めても美味しいので、残ったお肉は翌日のお弁当にも入れたら子供に大好評でした。ぜひお試しください〜。



  • 3740
  • 39
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

カリフォルニア在住。夫の大きいチャン、娘の小さいチャンの3人家族。カリフォルニアや旅先で気になった美味しいもの、珍しい食べ物を、なるべく身近な食材で再現できない…

おすすめのアイデア

話題のキーワード