家族それぞれの居場所がある2世帯住宅|時を感じる家

家族それぞれに居場所があり、みんなが集まることのできる広いリビングやテラス、ほとんどの生活を一つのフロアで完結できるよう考えました。また、2世帯ということから、それぞれのプライバシーを守りつつも、上下を繋ぐ吹き抜けによって、世帯間の存在感や家族とのコミュニケーションがとれるように考えています。敷地は3方を近接する隣家に囲まれた典型的な都市型と言えます。そのような環境のなかにあって、日照や通風といった自然を感じられるような空間創りが大切なことだと考えています。日々快適にそして自然を感じながら暮らせるような家を提案致しました。

  • 889
  • 5
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 889
  • 5
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

私が考える建築について-住まいづくりをとおして-この地球に存在する私たちは皮膜のような薄い大気に守られ呼吸することでその生命を維持することができます時と共に移ろ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード