意外と多い子ども用品の把握と保育園グッズの収納法!

我が家の子どもたちが苦手とする、お片づけと準備。
忘れ物やなくし物も多いので、お片づけと準備を楽しく習慣づけて欲しいという願いを込めて4歳と2歳の子どもの収納について考えました。
特に今回は保育園グッズについて焦点を当てました!

  • 11895
  • 101
  • 0
  • いいね
  • クリップ

子どものグッズってなにがある?種類を分類して収納先を決めよう!

我が家の子どもグッズを大きく分けると、6種類に分類されます。
その6種類を子どもの行動、導線に合わせて収納場所を分けしてみました。

1、洋服→クローゼット
2、靴下→クローゼット
3、保育園グッズ→クローゼット
4、下着、パジャマ→お風呂の脱衣場
5、絵本、おもちゃ→リビング
6、靴→玄関の下駄箱

書き出してみることで、子どもの持ち物が把握できます。
収納先は、いつもの子どもの生活パターンをイメージすると考えやすいですね。

上記の6種類の中で、今回焦点を当てたのは、3の保育園グッズの収納です。
朝の準備や帰宅後の片付けなど、毎日のことを楽しく身につけてほしいというのが今の現状の一番の課題です!

保育園グッズ、更にどんなものがあるのか改めて把握しよう!

子どもが自分で準備と片付けをするには、子ども目線で、手の届くところ、分かりやすいゾーン分けが必須です。

保育園グッズの中でも、更にどんなグッズがあるか、書き出してみました。

・園服
・園帽
・登園用リュック
・ハンカチ
・ティッシュ
・歯磨き用コップと歯ブラシ
・お弁当箱
・健康チェックカード
・(絵本バッグ→お手紙や絵本の貸出がある時のみ)
・(パジャマ→週末のみ)
・(お布団→週末のみ)

意外と多いですね…。

保育園グッズも分類して子どもにも分かりやすい収納先を決めよう!

準備、片付けをひとつの場所で完結することができれば、子どもにとっても分かりやすいようです。
子どもの手の届く高さの、クローゼットの棚、下部分3段を使ってゾーン分けです。

上段には、ティッシュ、タオル、ハンカチ
中段には、歯磨き用コップと歯ブラシなどの小物、園帽、園服
下には、登園用リュック

カゴは全てダイソーの商品を使っています。

たったこれだけのことですが、子どもはモノのある場所、片付ける場所を把握できました。
準備時には、「好きなハンカチとティッシュを選んでリュックに入れてね!」
出発時には、「園服を着てくださーい!」
帰宅後には、「洗濯物を出して、荷物をしまってきてね!」
などの声掛けはするようにしています。

子どもは自分でできる!ということが嬉しいようで、ちょっとした自身に繋がっているようです。
2歳の娘にはまだ少し難しいですが、お姉ちゃんの見様見真似でがんばっています。

ポイントはたったこれだけ!子ども目線で考えよう!

ポイントはたったこれだけです。
・ひとつの場所で完結できるようにする
・子どもの手の届くところ
・分かりやすい分類
・声掛け

いかがでしたか?
子どもの荷物って意外と多いですよね。
グッズの分類をして、ざっくりと収納先を決めると、とっても分かりやすくなります。
お子さんの準備、片付けがちょっと大変という時に、ぜひお試しください。

  • 11895
  • 101
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー

少しだけ丁寧に生活することを心掛けたら、暮らしがどんどん楽しくなりました。イラストと一緒に暮らしの一部を綴っています。都会から田舎に戻り、木の家で4歳と2歳の姉…

aipooowさんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア