【瀧本真奈美の収納ドリル #4】かさばるバッグは増やさない!バッグの中身はインナーポーチが解決してくれる

LIMIAの人気インフルエンサー・瀧本真奈美さんによる収納ドリルの4回目は、バッグの収納術と、お出かけ時のバッグの中身について伝授いただきます! コーディネートのポイントにもなる「バッグ」。用途に合わせて使い分ける人がほとんどかと思われますが、同じようなサイズがいつのまにか増え、タンスの肥やしになってはいませんか?

  • 95954
  • 841
  • 0
  • いいね
  • クリップ

ついつい増えてしまうバッグ タンスの肥やしになってない?

女性にとってバッグはコーディネートの要にもなるため、つい、トレンドに合わせてシーズンごとに購入してしまいがち。でも、シーズンが終わると途端に使わなくなり、タンスの肥やしになってはいませんか? 以外とかさばるバッグはそれだけでクローゼットを占有してしまうため、ごちゃつきの原因になっているかもしれません! 瀧本さんにバッグ収納のコツをお聞きしました。

「増やさない」&「吊るし」でミニマムなバッグ収納を!

いつのまにか増えてしまうバッグ。大きなものとなると場所を取るため、収納場所に困ってしまうなんてことも。バッグはどのように管理されていますか?

「収納に困ったり、手入れや管理が面倒な場合もあるバッグは、レザートート1個、キャンバストート2個、バスケット1個、リュック1個といったように、基本的なものだけを使い、出張もこれで済ませるようにしています。トレンドのファーバッグのようなシーズンものは、レンタルを利用することで持たないようにしています。使用頻度からみるとトートバッグが多いので、クローゼット内では吊るし収納に。あえて棚に置き、見せる収納にするのもおすすめです。夏に活躍するかごバスケットは、オフシーズンにそれ自体を収納グッズにすると、おしゃれな空間作りに役立ちますよ」(瀧本さん)

お出かけ時のバッグの中身は、ポーチの入れ替えでスッキリ忘れ物知らず!

バッグを変えると、何かしら忘れ物をしてしまうことってよくありますよね。また、持ってきたはずなのにバッグの中がごちゃついていてなかなか見つからないなんてことも。お出かけ時のバッグの整理整頓のコツを教えてください。

「100均のファスナー付きメッシュポーチをインナーバッグがわりに使用しています。中にはエチケット品+薬品、筆記用具、その他と分類して入れ、バッグを変えるときは、3つのポーチを入れ替えるだけにしています。薬を携帯する場合は100均の仕切りがついた小さなケースに、マスクは「セリア」のマスクケースに入れています。すぐに出し入れしたいものは、バッグのポケットに入れておくと、もたつきませんよ」(瀧本さん)

今回のポイント

洋服と同じようにバッグも増やしすぎないことを意識することで、本当に使いたいものだけが見えてくるはず。ディスプレイにしたり、オフシーズンに収納アイテムとして使うことで、空間演出にも役立ちますね。お出かけ時のバッグはスマートに中身を入れ替えることで忘れ物知らず! 次回はキッチンの収納テクニックをマスターしましょう。

▼【収納ドリル】シリーズはこちら!▼

●監修 瀧本真奈美
整理収納コンサルタント・ルームコーディネーター。収納やインテリアだけでなく、DIY・ハンドメイド講師も務めるなどマルチに活躍。地元・愛媛のテレビ番組ではコーナーを持ち、視聴者のお部屋のお悩みを解決している。LIMIAのインフルエンサーとしても活動中。

  • 95954
  • 841
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部公式アカウントです。こちらでは、住まいやライフスタイルなど暮らしに関する情報を中心に、オリジナルコンテンツを配信していきます。流行り…

おすすめのアイデア

話題のキーワード