【瀧本真奈美の収納ドリル #1】クローゼットのスッキリ&おしゃれの秘訣は“吊るし”と“グラデーション”

最初はルールづけをしてスッキリ収納ができていたのに、いつのまにかごちゃついてしまうことってよくありますよね。そんな収納の困ったの解消テクを、LIMIAの人気インフルエンサー・瀧本真奈美さんが伝授。全10回の「収納ドリル」としてお届けします。第1回目はクローゼット編です。瀧本さんオススメの“吊るし術”と“グラデーション”を会得しましょう!

  • 250083
  • 4226
  • 5
  • いいね
  • クリップ

どうしてクローゼットはごちゃつくの?

主婦にとっての永遠のテーマ「収納」。特にクローゼットはいつのまにか煩雑になり、探し物がすぐに見つからない! なんてことがよくありますよね。朝の忙しい時間に着たい服が見つからないのは悲劇! とりあえずのもので出かけると、一日中なんだか憂鬱に……。

また、クローゼットの中身を把握していないことから、似たようなアイテムを買ってしまうなんてことも。そこで、LIMIAの人気インフルエンサー・瀧本真奈美さんにクローゼットの収納術を教えていただきました!

吊るし収納×グラデーションでスッキリ!

ごちゃごちゃしがちなクローゼットはどうすればいつでもスッキリ収納をキープできるのでしょう?

「型崩れしないものは吊るし収納がおすすめです。その際、色はざっくりグラデーションを意識しましょう。明るいものから暗い色合いにグラデーションをつけることで、生活感やごちゃごちゃ感が減ります」(瀧本さん)

ニットなど、型崩れが心配な衣類はどのように収納したらよいでしょう?

「型崩れしやすいセーターはくるくる巻きにして収納をします。スッキリ収納のポイントは吊るす、たたむ両方ともに詰め込見過ぎないことです。出し入れしても、衣類が乱れない程度の量が目安になりますよ。そのため、買い物をするときから増えすぎないことを意識することも大切です。普段着はファストな服とし、手放しやすく管理の手間がかからない物を。最近はレンタルも利用しながら、増えすぎも予防をしています」(瀧本さん)

家族の服はどう分ける?

家族が増えると、自分専用のクローゼットを作るのはなかなか大変なこと。でも、夫婦の服が混同されていると使いにくいですよね。家族の服はどうやって分ければよいでしょう。

「わたしの場合、主人のクローゼットはさらに簡単に出し入れができるようなシステムを〔無印良品〕の収納ケースで作りました。主人とわたしの服を分けることで、それぞれの量が把握でき、グラデーションにすることで色の偏りもひと目でわかります。こうすることで、同じような色合いを買わないように心がけることができます」(瀧本さん)

今回のポイント

吊るし収納とグラデーションにすることで生活感のないスッキリおしゃれなクローゼットを作ることができる! そして何よりたいせつなのは、「増やしすぎないこと」。

次回は引き出しと棚の収納テクニックを学んでいきましょう!

▼【収納ドリル】シリーズはこちら!▼

●監修 瀧本真奈美
整理収納コンサルタント・ルームコーディネーター。収納やインテリアだけでなく、DIY・ハンドメイド講師も務めるなどマルチに活躍。地元・愛媛のテレビ番組ではコーナーを持ち、視聴者のお部屋のお悩みを解決している。LIMIAのインフルエンサーとしても活動中。

  • 250083
  • 4226
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部公式アカウントです。こちらでは、住まいやライフスタイルなど暮らしに関する情報を中心に、オリジナルコンテンツを配信していきます。流行り…

おすすめのアイデア

話題のキーワード