こんな業者にご用心!美味い話には裏がある!!

松の内が明けたばかりの1/8、
よりによって成人の日に計画倒産され、
300人以上が晴れの成人式を踏みにじられた詐欺事件がおきました。
どうやら被害者数は、1000人を超え、被害総額は2億円以上といわれています。

昨年は、格安の海外旅行を売りにした旅行代理店が倒産し、
一般旅行者だけでも3.6万件もの方が被害に遭いました。

住宅業界でも、着手金や中間金を支払ったけれど、
着工前・完成前にそのハウスメーカーが倒産してしまった
2009年の「富士ハウス」事件などがあります。

被害に遭われた皆さん、心よりお見舞い申し上げます。

これらのお客様を平気で騙す業者には、ある共通点があります。
それは、一体どんなことでしょう?

  • 1037
  • 6
  • 0
  • いいね
  • クリップ

楽しみにしていた成人式や海外旅行、
念願のマイホームが無残にも打ち砕かれてしまう…。

お客様からの信頼を裏切る行為。
商人ならば、絶対に行ってはならない事です。

被害に遭われた方には、心よりお見舞い申し上げます。

お客様を平気で騙すような業者には、ある共通点があります。

それは、

割引率や限定サービスを餌に、消費者心理を焦らせて、
早期契約を結び、早期入金や全額入金を迫る。

という点です。

いくら割引率やサービスが良くても、
晴れ着が届かなかったり、旅行に行けなかったりなんて御免です。

やはり、手付金を払ったとしても、商品を受け取った後に残金を支払ったり、
キチンと契約書などを確認するなどの「自己防衛策」は取っておきましょう。

住宅業界における、
新築工事の場合の支払いは概ね以下の通りです。

・契約時(10~30%)
・中間時(30~40%)
・最終時(30%~40%)

ですが、住宅会社によっては、
「決算セールでサービスしますから…。」などと言って、
契約時に総額の半分以上を入金を求める会社さえあります。

そんな会社は要注意です。


前述の富士ハウスは倒産前にも関わらず、
契約時に工事契約金(約2800万円)の7割ものお金を払わせた事例さえあります。

恐らくは、甘い言葉でお客様を惑わせたのでしょうが、
工事着工前日に倒産しました。


また、住宅業界にはこんな業者もいます。

「セール期間中にご契約いただいた方は、
通常価格60万円/坪を50万円/坪にします。」

などの売り文句でお客様を集める会社。

大手ハウスメーカーや中堅ハウスメーカーにもいます。

こんな場合、セール期間中の価格が適正価格な場合が多いです。
50万円仕様の家を通常期間は、60万円の価格に設定しているようです。

そんなカラクリがあることを、頭の片隅で良いから置いておいて下さい。

晴れ着にせよ、マイホームにせよ、
詐欺まがいの被害に遭わない方法があります。

何十年にも亘って、地域密着で営業をおこなってきた地元の
着物屋さん、写真館、工務店に依頼することです。


お客様、仕事を受ける社長、お互いが顔を合わせるからです。

下手な事したら、即信用が地に落ちますから
信頼を裏切るなんて出来ません。

地域密着のお店や会社は、地元の信用や信頼が第一だからです。

  • 1037
  • 6
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

無垢の木と自然素材でつくる、木ごこち良い家造りが得意です。創業以来90年、材木商三代目。木の目利きには自信あり。茨城県つくば市を中心に、地域密着で、無垢の木と自…

おすすめのアイデア

話題のキーワード