家具の設計の基本を見てみましょう。(DIYにも使える技)

家具の設計は、かんたんなものから
システムキッチンの設計までと範囲がとても広いものです。

それで
最初から高度な設計に走ることなく、
ごく普通の小さな箱が、デザインの仕方で
手洗い台や電話、FAX台にも変わっていく様子をお伝えします。


各設計図のCADデータもダウンロードできますので
詳細を確認してみてください。

  • 17186
  • 42
  • 0
  • クリップ

①家具の基本中の基本形

拍子抜けするかも知れませんが

芯芯 910×455 の収納の図面を公開します。


色々な家具の設計をしても
基本が出来ていなければかえってチグハグになり
修正もままならなくなることを防ぐ意味もあります。

たかが

910といっても 書く人間によって様々な形になります。

このメルマガではあくまでもk-designの方法(メソッド)
ということをご了承ください。

家具には
先付けと後付とがありますが
ここでは後付の家具を紹介していきますので
大工さん造作と違いフィラーで調整して納める手法となります。

では
説明です。


カベの奥行きと扉の前を揃え
天板は両サイド10mmづつ飲み込ませ
扉からも10mm手前に出す形を基本としています。

この納まりは
今後色々な家具の設計にも共通することが
多いと思いますのでしっかり抑えておきましょう。

②扉に取っ手を付けない納まり

先ほどの設計図に
さらに変化をつけてみました。

それは
取っ手を付けずに
ワンタッチで開くようにしたものです。


その方法とは
箱の
上下の板の出をマイナス5mmにするだけです。

側板はそのままでかまいませんが
面倒であれば
側板も-5mmとしても良いでしょう。


③ただの収納をTEL/FAX台に変える

単なる収納を
電話(FAX)台にする

それも
既存のコンセント/TELの位置を変えずに
設置できる仕様にしました。


それは
以下の2ステップで可能となります。


1.通気孔を用意
キャビネットの中にコンセント/TELがくるので
そうします。


2.棚板と背板の間にスペースを設ける


たったこれだけで
収納がTEL/FAX台に変わります。

*ただし
このままでは背板部分に穴を開け
コンセントを移設することが必要となります。

ですから
背板不要としたほうが
簡単です。

DIYにも使える技の紹介でした。

④DIYでも十分作れる天板を見せない納まり

『天板を見せない納まり』

*実は私が気に入っているスタイルを紹介します。

通例は
箱の上にはカウンターとなるのが一般的ですが
それだと
箱+カウンター、
そしてカウンターの面の形状まで考えなくてはいけません。

はたして
それでオシャレに見えるのでしょうか?

無駄なしつらえが多いと思いませんか?

それに
カウンターを使わない納まりの狙いは
何よりも
「正面」から見たときの「面」の美しさを強調できる
という点です(^-^)

⑤オープンスペースを設けたプラン

これも
好みによると思いますが
一昔前からある
スタンダードな形です。

では
両方を比べてみると

予算的には
当然
カウンター無しのスタイルがやさしいですし、

作る技術も
オープンスペースタイプの難しさに対し

カウンター無しのスタイルは
素人でも難しくはありません。

DIYでも十分作れます。

*難しさと
オシャレさは比例しないので
入り口であるデザインを吟味しましょう!

⑥基本形の箱を化粧台に変える 1

ここからテーマを変えます。

それも
難しいとされる洗面、手洗いカウンターを
設計してみましょう。

ところが
難しいと言われていたのは
一昔前、

今では
参考図やデータも公開されていますので
ちょっとしたことに
注意さえすれば
いとも簡単に設計できてしまいます。

では
元にするのは最初の図面です


先ず
このキャビネットの奥行きは455ですので
この奥行きにセットできる洗面器、手洗器を選びます。

*フォルダーの中には
トウキのメーカーURL、データ当を含めていますので
すぐに作図が出来ます。


それと
高さにも注意が必要です。

トウキの図面では820となっていますが
実際は800とすることが多いです。
(特に気にすることではありません)

それと
このトウキを選んだ大きな理由は
カウンターの穴あけ加工が楽という点です。

選ぶトウキによっては難しい穴あけ加工
となっているものもありますので注意が必要です。

それと
この図面では背板が付いていますが
施工を簡単にしたいのであれば背板を取りましょう。

最後に
取っ手をハンドルにすれば
タオルも掛けることができます。

⑦基本形の箱を化粧台に変える 2

前回の形に

タオル入れスペースを設けてみました。

一般的なのは
手洗器のすぐ下には
幕板か引出(or開き)をセットして
一番下に
タオルスペースを設けています。

ですが
予備のタオルであればそれで良いのですが
上にあったほうが取り易いに違いないですよね(^_^)


ですが
その形にしない大きな理由は
排水管が見えてしまうから・・・

確かに
水栓の配管まで見えてしまうのであれば
醜いものですが

手洗器の配管だけであれば
これは
デザインとして成立します(^-^)

後は
配管カバーの付け方を考慮すれば
良いのです。

(設備工事とのカラミを考えなくてはいけません。)

是非
お試しください。

CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)

・インテリアに関して目の超えたお客様を満足させたい ・リビングを映えさせるTVボードの設計手法が知りたい。 ・スチール階段の設計パターンが決まりきっている。 ・アイランドキッチンの設計例をもっと見たい。 以上に該当する方はこのCADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)はお役に立てるかもしれません。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

LINE@始めました【友だち登録特典を用意しました:知らなきゃ損する家づくり ほか】

LINE@友だち登録特典 1.知らなきゃ損する家づくり:後悔しない為の知識  【家の打ち合わせの時にこのファイルをお持ちください】 2.フロート式TVボード価格表 3.システムキッチン、洗面化粧台、TVボード設計例多数公開 4.TVボード製作・設計ポイント動画集

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

フロート式(浮いている)TVボードをあなたの家に【全国販売開始(条件付き)】

「TVボードに脚なんて必要ない」 と常日頃から感じ続け、なければ自分で作るしかないと思ったことが このフロート式(浮いている)TVボード開発のきっかけでした。 2004年に開発し、ハウスメーカーのモデルハウスで発表して以来 多くの家に設置されてきたk-design開発のフロート式TVボードですが、 いままでごく限られたエリアのお客様しか実現ができないものでしたが、 ご依頼主の家の工事を請負うハウスメーカーや建築会社のご協力のもと 全国への展開が可能となったことで踏み切ることができました。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

テレビ台(テレビボード)選びの失敗談

テレビ台(テレビボード)選びの失敗の経験は誰もがしていると思い、 失敗談を聞かせて欲しいと呼びかけてみたところこんなに多くの失敗談が寄せられるとは思っても見ませんでした。 テレビボードを開発している身としてはもちろんこれらの貴重な体験を生かしますが、これから新築やリフォーム、引越しなどでテレビボードやほかの家具を選ぶ必要がある方にはぜひ参考にしてもらいたいと思っています。そして家や家具の設計の参考になればと思っています。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)

・インテリアに関して目の超えたお客様を満足させたい ・リビングを映えさせるTVボードの設計手法が知りたい。 ・スチール階段の設計パターンが決まりきっている。 ・アイランドキッチンの設計例をもっと見たい。 以上に該当する方はこのCADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)はお役に立てるかもしれません。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】

私の知っているインテリアコーディネーターはおしゃれな頑固屋さん

インテリアコーディネーターは女性の憧れの職業となっています。 華やかなイメージが先行していますが、職人にも劣らない仕事へのこだわりを持っているスペシャリストであり、周りの人を変えるほどの力を持っています。 長年ディスカッションを続けてきて感じていることはインテリアコーディネーターはおしゃれで頑固な職人さんだということです。

カワジリデザイン(k-design)【家具設計】
  • 17186
  • 42
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード