スイッチプレートをDIY 。

照明スイッチを安価な材料でアレンジしてみました。

  • 14603
  • 88
  • 2
  • クリップ

ビフォー、アフター

アレンジ前の照明スイッチ。
ワイドパネルで使い勝手は良いのですが、何か寂しい。

アレンジ後。
スイッチ本体とプレートがリメイクシートによって一体感が出て壁飾りのようになりました。

材料は

▪プラダン2.5ミリ厚
ホームセンターで購入

▪リメイクシート
ダイソーで購入

▪超強力マグネット2個
ダイソーで4個入りを購入

▪両面テープ

▪セロテープ

▪カッターナイフ

▪カッターマット

▪プラスドライバー

作成手順は

プレートの厚みを測ります。
定規を2本使うと測り易いでしょう。

9ミリありましたので、2.5ミリプラダンを4枚重ねてプレートを作成することにしました。

スイッチプレートを外します。
2重構造になってますので、前面のプレートのみをマイナスドライバーや爪などで手前に引っ張ります。

奥のプレートを外します。
ネジ2ヵ所を緩めれば取れます。

スイッチ本体のプレートを外します。
引っ張れば取れます。

プレートに隠れていた金属部の厚みを測ります。
4ミリありました。
自作プレートをマグネットで付けますので、マグネット厚み約1ミリと金属厚み4ミリ、計5ミリ程度の厚みで金属部を囲むようにプレートを作成します。
プラダン4枚のうち2枚をここで使うことにしました。

金属部の縦横幅を測ります。
縦110ミリ、横50ミリありました。
自作プレートの寸法は縦130ミリ、横70ミリとしました。
金属を囲うプラダン2枚の開口寸法は縦112ミリ、横52ミリとしました。

前面プレートの開口寸法を測ります。
縦92ミリ、横43ミリありました。
プラダン4枚重ねのうち2枚の開口寸法は
縦93ミリ、横44ミリとしました。

決めた寸法通りにプラダンをカットします。
マスキングテープを貼ると寸法線が引きやすいでしょう。

カットしたプラダン4枚を両面テープで重ねます。

マグネットを下写真のようにセロテープで付けます。
マグネットが開口部からはみ出る場合は、
プラダン断面をカッターで切ってマグネットを押し込みます。

リメイクシートを下写真のように切り取りました。
プラダンの側面から囲むように貼りたいので、リメイクシートは自作プレートの外周寸法より少し長いものを用意します。

額縁のようなものをシート貼りする場合、側面から囲うとシート一枚を連続して隙間なく貼ることが出来ます。


シートの剥離フィルムを一部剥がしますが、その前に自作プレート正面と側面の角になる位置に折り目を入れた方が後の作業が楽です。
折り目に沿って自作プレートの側面と裏になる方を剥がします。

カッターの刃を寝かせ当てながら、剥離フィルムをカッター側に持ち上げると良いです。

シート貼りの手順は下写真とキャプションをご覧下さい。

角位置に折り目を入れる
折り目をカット
表側の巻き込みを残してカット
プレート開口の入隅に印を付ける
入隅に隙間が見えないように長目に巻き込む。
隣のシートは剥離フィルムをまだ剥がさない
しっかり引っ張りながら枠の斜め部分のシートを切る。
下のシートも同時に切る。
下に重なったシートを剥がしてから、剥離フィルムを取って貼る。
これを繰り返して全体を貼る。
スイッチパネルにシートを貼る
パネル側面の凹み部分はシートを取る

スイッチパネルを戻します。
パネル側面の爪が内側に入っていることを確認してから押し込みます。

プレートを付けます。

完成です。

最後まで見て頂き、ありがとうございました。

  • 14603
  • 88
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード