【DIYショップ巡り #4】古き良きアメリカを肌で感じられる〔ACME Furniture 渋谷店〕

DIYと聞くと、「まずは工具をそろえて」「メジャーでしっかり測って」「広いスペースで」……と、いうイメージをもっていませんか。1983年に創業し、2018年には35周年を迎えるという〔ACME Furniture(アクメ ファニチャー)〕は、そんなイメージを払拭するアイデアが満載の「オシャレDIYer御用達」のお店です。〔ACME Furniture〕が取り扱うアメリカンビンテージ家具や、かんたんDIYパーツ、また同店が提案するライフスタイルも同時にご紹介していきますね。

  • 8324
  • 91
  • 0
  • クリップ

アメリカで買い付けた一点もののビンテージ家具で個性的なお部屋を

〔ACME Furniture 渋谷店〕があるのは、渋谷駅ハチ公口から徒歩7分ほどのところ。駅前ほどの賑やかさはありませんが、同じブロックには〔Apple渋谷店〕や〔楽天カフェ〕などがあり、感度高めな人たちが行き交う場所に位置しています。

おじゃました時期がホリデーシーズンだったこともあり、店内はほんのりクリスマスカラー。奥に入ると、家具のほかに、雑貨やブランケットなどのエクステリア、DIYツールなどを見つけることができます。

中でもひときわ目を引くのが、どっしりとした存在感のあるアメリカンビンテージのチェスト。

「ここにあるビンテージ家具は、すべてアメリカで買い付けてきた一点もの。1950年から1960年ぐらいにアメリカで作られ、一般家庭で使われていたものなんですよ」と教えてくれたのは、ACMEプレスの岸川さん。「それを味わいを残した状態で使いやすいように、弊社でメンテナンスして販売しているんです」

試しに引き出しを開けてみると、意外なほど動きがスムーズ。使いやすくメンテナンスしている、という言葉が確かであることを裏付けています。

これらアイテムの魅力は、アメリカが憧れをもって見られていた1950年頃に作られ、生活の中で使われていた家具を、何十年も経った今でも同じように使えること。「戦勝国として、当時のアメリカには豊富な物資が入っていました。だから、質の良いものがたくさん作られたんですよね。

とはいえ、今とは違い工場での生産は手作業。どっしりとしたデザインに加え、手仕事の温かみがあるというところが、何よりの魅力なんです」と岸川さんが熱っぽく話してくれました。

ビンテージ家具のある生活空間をイメージしやすい展示

地下に降りていくと、そこはもう別世界。古き良きアメリカの「ホーム」に紛れ込んだかのような錯覚を起こしてしまうほどです。これなら、ビンテージ感のある家具のある生活をイメージしやすいですね。

また、今、力を入れているのはブランケットなどのファブリックアイテムだとか。温かみのある家具に温かみを感じられる〔ACME Furniture〕のブランケットは本当に相性が良さそうです。カラーやパターンもさまざまなものを取り扱っているので、いくつもそろえたくなってしまいます。

最初のハードルは低く、より高みを目指してみては?

ビンテージものの家具はなかなかハードルが高いと感じてしまいます。でも、〔ACME Furniture〕では、オリジナルの家具も取りそろえています。そのどれもが、アメリカンビンテージをリスペクトして作られているので、「新しいのにどこか懐かしい」味のあるものばかり。

価格も、一点もののビンテージ家具に比べると5分の1程度。セミオーダーもできるので、お部屋にピッタリの、しかも一生モノの家具がお手頃価格で手に入るのがうれしいですよね。

「独自の世界観のあるライフスタイル全体を提案していきたい、というのがACME Furnitureの想いです。ビンテージものもあればオリジナル家具もある。はじめはビンテージ感のあるACMEのオリジナル家具で、余裕ができたら本物のアメリカンビンテージを投入していただく、というのでもいいと思うんです。MIXすることで、新しい世界、自分たちだけの空間が生まれてくると思うんですよね」(岸川さん)

DIYに対しても同じような考えをもっているといいます。「何もはじめからカナヅチやノコギリを手にしなくてもいい。できあいのパーツを組み合わせていくだけでも、きっと手作りを楽める思うんですよね。壁に穴を開けられないのであれば、突っ張り式パーテーションと穴あきボードを組み合わせて、自分だけの空間を作ればいい。そこからさらに本格的なDIYに踏み込む、というやりかたもあるんじゃないでしょうか」

「そうか、DIYって、もっと気軽に楽しんでいいんだ」と気付かされた瞬間でした。

〔ACME Furniture〕には、このように相談に応じてくれるスタッフさんもいますし、特に渋谷店では家具のメンテナンスアイテム、気の利いた贈り物としても使える日用品やパフュームなどの雑貨が豊富にそろっています。ちょっとだけいつもと違う何かを見つけたい――そんなときにものぞいてみるといいかもしれませんね♪

【店舗概要】
●店名:〔ACME Furniture 渋谷店〕
●住所:東京都渋谷区神南1-20-13 Gビル渋谷01 1F、2F
●電話:03-5728-5355
●営業:11:00~20:00

●ライター 渡辺まりか

【DIYショップ巡り #1】DIYパーツが豊富!ワクワクが詰まった〔エイトタウン〕へ行ってきた!

名古屋のインテリアデザイン会社〔EIGHT DESIGN(エイトデザイン)〕が11月に〔EIGHT TOWN(エイトタウン)〕をオープン! DIYパーツや、リノベーションサービス、オーダー家具サービス、ワークショップ、グリーン販売など、住まいに関するさまざまなサービスが1ヶ所で受けられる注目のお店に、さっそく行ってきました♪

LIMIA DIY部

【DIYショップ巡り #2】アンティーク調ツールが楽しい〔DULTON JIYUGAOKA〕

さまざまな木目の板材や無骨な工具類……。DIYのお店に、そんなイメージをもっていませんか? 実は、女性が使っても違和感がなく、むしろ「オシャレ」と思わせるような工具類やちょっとしたリメイクアイテムを取り扱っている“オシャレDIYer御用達”のお店があるんです。その中でも今回は1988年創業の〔DULTON〕が展開する〔DULTON JIYUGAOKA〕店をご紹介します♪

LIMIA DIY部

【DIYショップ巡り #3】迷ったらこれ!DIYショップ〔tukuriba〕で「今人気の商品」とは?

DIYパーツやタイル、木材、ペンキ、グリーンなど、幅広い商品が取りそろい、ワークショップや木工検定を開催しているDIYショップ〔tukuriba(ツクリバ)〕。店内はDIY好きなら心踊るような魅力的なアイテムであふれています♪ その中から、今人気の商品や、心がはずむ商品の数々を一挙にご紹介します!

LIMIA DIY部
  • 8324
  • 91
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード