バレンタイン前に予習しておきたい花言葉♡愛を伝えてみませんか?

2月の一大イベントであるバレンタイン。日本では「チョコレートをあげる日」というイメージが強いですが、世界では愛を伝え合う日として、花を贈ることも多いのだとか。今回は、花を贈ったりもらったりするときに役立つ、花言葉をご紹介します!

  • 73303
  • 57
  • 2
  • いいね
  • クリップ

バレンタインの定番♡ バラ

まずご紹介するのはバラ。恋愛と関連の深い花だといえますね。最もよく見る赤は「あなたを愛しています」という意味で、プロポーズに使われることも多いです。ピンクは「しとやか」「上品」を意味し、かわいらしい見た目からも、場面に関係なくプレゼントしやすいでしょう。一方で、白いバラは「私はあなたにふさわしい」という意味があり、結婚式でも使われるようです。

実はこんな意味も?! カーネーション

カーネーションといえば、母の日の定番の花ですが、実はバレンタインにも持ってこいなんです。ピンクのカーネーションは「女性の愛」や「美しいしぐさ」など、さまざまな場面で使いやすい意味を持っています。他にも、白いカーネーションは「純粋な愛」、紫のカーネーションは「気品」を意味し、全体的にポジティブなイメージの強い花です。しかし、黄色や絞り模様のカーネーションには要注意です! 黄色の意味は「軽蔑」、絞り模様は「愛の拒絶」。プレゼントする際にはぜひ気をつけてくださいね。

春らしい花☆ チューリップ

春に咲く花として、とっても身近なチューリップですが、一足早くバレンタインに贈ってみませんか? 赤いチューリップなら「愛の告白」、ピンクのものなら「誠実な愛」、紫は「不滅の愛」とステキな花言葉を持っているんです。ただ、同じく身近な黄色のチューリップは「望みのない恋」、白いチューリップは「失われた愛」という意味があるので、気を付けたいところです。

番外編

最後におまけとしてご紹介するのは……

「チョコレートコスモス」です!

普段見かけるコスモスはピンクや白など、明るい色が多いですよね。それと比べて、チョコレートコスモスは暗めの赤っぽい色をしています。それに、なんとほのかにチョコレートのような甘い香りがするそうです! チョコレートコスモスの花言葉は「恋の終わり」「恋の思い出」「移り変わらぬ気持ち」と、ポジティブなものもそうでないものもあります。それでも、「チョコレート」に関連する花としてバレンタインにおすすめの花となっています。

まとめ

バレンタインにおすすめの花をご紹介しましたが、ステキな意味の花言葉を持つものがたくさんありましたね。今年のバレンタインは花を贈ってみませんか? 今では、特殊な加工をして、花を枯れないようにしたブリザードフラワーもあるので、普段はあまり花を飾らない方でも簡単に飾ることができますよ。逆に、もし生花をもらったのなら、自宅でドライフラワーにするのも楽しそうですね。バレンタインをきっかけにして、花のある生活を楽しんでみませんか?

  • 73303
  • 57
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

こんにちは!LIMIA編集部公式アカウントです。こちらでは、住まいやライフスタイルなど暮らしに関する情報を中心に、オリジナルコンテンツを配信していきます。流行り…

おすすめのアイデア

話題のキーワード