市販のクリームサンドチョコビスケットで、とびきりキュートなチョコバーを作っちゃおう!

年が明けると、そろそろバレンタインが気になる季節になりますね。「チョコレートは作ってみたいけれど、なんだかとっても難しそう」「手作りはしたいけれど、仕事や家事であまり時間が取れないの」なんていう人に、お手軽チョコバーの作り方をご紹介します。

市販のビスケットを手軽にアレンジ♪

ベースとなるのは、人気のクリームサンドチョコビスケット。これにアイスキャンディー用の棒やケーキポップス用の棒を刺して、溶かしたチョコレートにくぐらせて好みでトッピングするだけ。

簡単なのに見た目がキュートなので友チョコや、義理チョコにも最適ですよ。トッピングのアイディア次第で色々なチョコバーが作れるので、あなただけのオリジナルのチョコバーを作ってみてくださいね。

チョコバーの材料

・クリームサンドチョコビスケット……6~9組
・ホワイトチョコレート……適量(100gくらいあると作業しやすい)
・ストロベリーチョコレート……適量(100gくらいあると作業しやすい)
・アイスキャンディーもしくはケーキポップス用の棒……6~9本

【トッピング】
・マシュマロ(プレーン/コーヒー)……適量
・チョコペン……適量
・アラザン……適量
・トッピングシュガー……適量
・好みのドライフルーツ……適量
・ピスタチオ……適量

作り方

1. ビスケット一枚を剥がし、アイスキャンディーもしくはケーキポップス用の棒をのせます。

2. 湯煎で溶かしたホワイトチョコレートを棒の上にのせて、剥がしたクッキーをふたたびのせたら冷やし固めます。

3. 湯煎で溶かしたホワイトチョコレートに2をくぐらせ、オーブンペーパーの上にのせて冷やし固めます。ドライフルーツやピスタチオは、チョコレートが固まる前にのせてから冷やし固めて。ストロベリーチョコレートも同様です。

4. プレーンのマシュマロを好みの大きさにカットして、コーヒーのマシュマロは細い口金などで丸く抜き、プレーンにくっつけます。

5. 4にチョコペンで顔を描いたら3の上に溶かしたチョコレートで接着する。好みで溶かしたチョコレートでトッピングシュガーやアラザンを飾りつけましょう。

このレシピのポイント

今回は子供と一緒にお菓子づくりが楽しめる手順がたくさん! できあがりは大人も子供も楽しめるビジュアルなので、子供のお友達も呼んでみんなで作業しても盛り上がるはず。

工程で注意するところは、チョコレートを湯煎にかけて溶かす際に熱い湯煎にはかけないこと。チョコレートはデリケートなので、高温で溶かしてしまうとザラザラした舌触りになってしまいます。40~45度くらいの湯煎でゆっくり溶かしたものを使用してくださいね。

トッピングはアレンジ自由です。ただ、あまり大きいものは接着しにくいので、ドライフルーツや木の実などはあらかじめ細かくカットしておいて。先に準備しておけば、カットしているうちに「チョコレートが固まってくっつかなくなっちゃった!」なんてことが防げますよ。いろいろなデコレーションを楽しんでみてくださいね。

●ライター 木村幸子

コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー