小さな子どもがいても部屋をスッキリ見せるコツ

小さなお子さんがいると部屋が散らかりがちになったり、おもちゃの片付けをなかなかしてくれなくて部屋が乱雑に見えて困ったりする事はありませんか?
今回は小さな工夫で部屋をスッキリ広く見せるコツをご紹介します♪

  • 364120
  • 2911
  • 28
  • いいね
  • クリップ

小さな子どもがいると部屋が乱雑になりがちですよね。
私も2歳と4歳の子どもがいるのですぐに部屋が散らかりうんざりする事が多かったんですが、少しの工夫で部屋をスッキリ見せる事ができるようになりました。
簡単な事なので良かったら試してみて下さいね。

おもちゃは子どもでも簡単に片付けられるようザックリ収納

おもちゃは子ども達が自分でもすぐに片付けられるように低い位置にカラーボックスを並べ、ホワイトのインボックスを使い収納するようにしています。
4つ収納ケースを並べていますがカテゴリー分けは何となくで、子どもが自分で好きなボックスに片付けられるようにラベリングもしていません。
ミニカーや線路や道路のおもちゃ、絵本や音の鳴る本などをそれぞれ子どもが自分で分けて収納しています。
ぬいぐるみ等軽くてやわらかい物はペーパーバックにポイポイ入れてます。

背の高い家具はなるべく置かない

背の高い家具を置くと空間に圧迫感が出るのでなるべく低い家具を置くようにしています。
家具に対する目線が低くなるだけで部屋が少し広く感じられます。

リビングに置いている低い家具はソファー、テレビボード、カラーボックス、ラック、夏は扇風機、です。
圧迫感が出ないようソファーと扇風機以外の物は全てホワイトで統一しています。

ラグやカーテンの色を変えて部屋を広くスッキリ見せる

部屋の中でラグやカーテンの色が占める割合ってとても大きいですよね。
季節ごとに色を変えて部屋をスッキリ広く見せる事もインテリアを楽しみながら実践しています。
グレーのラグはモノトーンインテリアに馴染んで違和感も無く、寒々しくならないので秋冬にはとてもピッタリでした。
春や夏にはアイボリー系やホワイトを選ぶと部屋も少し広く見え、よりスッキリした印象になります。

カーテンもモノトーンインテリアに合わせグレーにしていますが、ホワイトに変えるともっとスッキリした印象になり、より広い空間に見えるかな?と思っています。
子ども達がまだ小さくホワイトだときっと汚れが目立ってしまうと思うので、子どもの成長に合わせインテリアも楽しんでいきたいと思っています(*^^*)

私が実践している【小さな子どもがいても部屋をスッキリ見せるコツ】は

⚫おもちゃは子ども達が自分で片付けられるようザックリ収納&隠す収納にする

⚫背の高い家具はなるべく置かない

⚫ラグやカーテンの色をホワイト系に変えてみる
の3点です。

とても簡単なので良かったら試してみて下さいね♪

  • 364120
  • 2911
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

子どもがいてもシンプルな暮らし、丁寧な暮らしが目標です.。.:*✧モノトーンインテリア、シンプルインテリアが好きです(*´ ˘ `*)♡楽天ROOMに愛用品載せ…

おすすめのアイデア

話題のキーワード