【ほりえさちこのすぐ楽レシピ #17】3ステップで完成!チーズフォンデュにもなる進化系「ホワイトシチュー鍋」

フードコーディネーターのほりえさちこさん考案のかんたん&おいしい「すぐ楽レシピ」。連載17回目は、寒い季節にはとくに食べたくなる、食材3品、3ステップでできる「ホワイトシチュー鍋」を紹介します。鶏肉やじゃがいも、ブロッコリーがゴロゴロ入った、食べごたえのある一品。朝ごはんにもぴったり♪

  • 10060
  • 95
  • 0
  • いいね
  • クリップ

「ホワイトシチュー鍋」の作り方

お鍋ひとつでできて、メインディッシュにもワインのおともにもなる、パンと相性抜群な「ホワイトシチュー鍋」の作り方を見ていきましょう。最後には違ったお楽しみの味も……!

●材料(3〜4人分)
・鶏もも肉……2枚
・じゃがいも……4個
・ブロッコリー……1株
・ホワイトソース缶……1缶
・コンソメ……小さじ2
・牛乳……カップ1
・水……2カップ
・塩、こしょう……適宜
・ピザチーズ……適宜 ※お好みで
・白ワイン……適宜
・パン……適宜

●作り方
1. ひと口大に切った鶏もも肉、じゃがいもを鍋に入れて、水、コンソメを加えて煮ます。

2. 具材に火が通ってきたらホワイトソース缶を加えます。

3. 2にブロッコリー、牛乳を加えて4〜5分ほど煮込み、塩、こしょうで味を整えればできあがり。

4. しめとして、最後にピザ用チーズ、白ワインを加え、お好みのチーズの濃さに調節しましょう。ひと口大に切ったパンを添えて、チーズフォンデュにしてめしあがれ♪

「おかずになるシチューを目指し、おもな具材は3品だけれども、大きめにカットすることで存在感を出しています。そして、しめでチーズフォンデュ風にパンをつけて食べられるように工夫しました。残ったら、牛乳や豆乳を足せばシチューになりますので、翌日の朝食にするのもおすすめです。今回はフランスパンを使用しましたが、食パンにも合いますよ」(ほりえさちこ)

【ほりえさちこ】
栄養士/フードコーディネーター。和洋女子大で健康栄養学を学び、栄養士や食育アドバイザーの資格を取得。祐成陽子クッキングアートセミナーの講師を経て、テレビや雑誌、広告などで活躍。『フリージング離乳食―1週間ラクラク』『フリージング幼児食 1歳半〜5歳 —1週間分作りおき!』は累計4万部のロングセラーに。近著に『サラ弁』がある。

●ライター 庄司真美
●写真 さくらいしょうこ

  • 10060
  • 95
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

栄養士/フードコーディネーター。和洋女子大で健康栄養学を学び、栄養士や食育アドバイザーの資格を取得。祐成陽子クッキングアートセミナーの講師を経て、テレビや雑誌、…

おすすめのアイデア

話題のキーワード