【ほりえさちこのすぐ楽レシピ #15】ホットプレートに重ねるだけ!2種の味を楽しめる「蒸ししゃぶ」

フードコーディネーターのほりえさちこさんによる、簡単&おいしい“すぐ楽”レシピ。お正月気分もひと段落し、あわただしい1年の始まりだからこそ、温かくてヘルシーなスタミナメニューを取り入れましょう。連載15回目の今回は、豚肉や野菜を重ねてホットプレートで蒸すだけの簡単レシピ。お肉も野菜もたっぷりとれるヘルシーメニューです。忙しいときにもぴったりなので気軽にトライを!

  • 124277
  • 4188
  • 21
  • クリップ

野菜がぎゅうぎゅう「蒸ししゃぶ」の作り方

材料を用意するだけで電気プレートにお任せ調理ができる、肉も野菜もたっぷりでヘルシーな「蒸ししゃぶ」。しかも味は2種類! ではさっそく作り方を見ていきましょう。

●材料(2〜3人分)
・豚肉(しゃぶしゃぶ用)……200~300g ※お好みの量 
・もやし……1袋
・キャベツ……2〜3枚
・にんじん……1/3本 ※ピーラーでカットしておく
・大根……10cm(輪切り)※ピーラーでカットしておく
・えのきだけ……1/2袋
・青じそ……5〜6枚
・バジル……10〜12枚
・梅肉……適量
・チーズ……適量
・プチトマト……5〜6個
・水……大さじ2
・つけだれ(ポン酢、塩、こしょう、オリーブ油、ごま油、ライム、レモンなどお好みで)

●作り方
今回使用したのは、デザイン性にも優れ、現在大人気の〔BRUNO〕の《コンパクトホットプレート》。2〜3人用にぴったりなサイズのプレートを使用しました。

BRUNO(ブルーノ)《コンパクトホットプレート》8,800円(税別)/イデアインターナショナル

1. ホットプレートの天板にもやし、大根、えのき、キャベツ、にんじんを敷き詰めます。火が通ると水分が出てしぼむので、なるべく具材を隙間なくたくさん詰めるのがベター。

2. 1の上に、半分は青じそ、残り半分にはバジルをのせて、さらに豚肉をのせます。この時点で水を大さじ2〜3ほどかけ回しておくと“呼び水”となって早く仕上がります。

3. 青じその上にのせた豚肉には梅肉、バジルの上にのせた豚肉の上にはチーズと半分にカットしたプチトマトをのせます。

4. ホットプレートの熱量を最大にし、蓋をして7〜8分間蒸し焼きにしたらできあがり。お好みのタレでいただきます♪

肉や野菜を重ねて蒸すだけの驚くほど簡単なレシピでしたね。しかも、おしゃれなホットプレート〔BRUNO〕のおかげで、テーブルの上が明るく華やぎます。ホットプレートのいいところは、最後までに冷めずに温かいままで食事が楽しめること。ホームパーティーにもぴったりなので、ぜひお試しあれ。

ホットプレートは時短料理の味方!

「お肉も野菜もホットプレートひとつでたっぷりとれるこちらのレシピ。具材は冷蔵庫にあるあまり野菜を使用していただければOKです。今回使用した、にんじんや大根といった根菜は、ピーラーでカットしておくと火が通りやすくなり、歯ごたえもよくなりますよ。

また、シソとバジルの和洋で薬味を使い分けるのも、飽きずにたくさん食べられるポイント。お好みですりおろしたショウガを加えても温まるのでおすすめです。つけだれは、ポン酢のほか、めんつゆ、塩・こしょう+ゴマ油もしくはオリーブオイルの組み合わせもおいしいですよ。辛味が欲しい人は、食べるラー油や豆板醤などなど、あらゆる味を試してみてください」(ほりえさちこ)

【ほりえさちこ】
栄養士/フードコーディネーター。和洋女子大で健康栄養学を学び、栄養士や食育アドバイザーの資格を取得。祐成陽子クッキングアートセミナーの講師を経て、テレビや雑誌、広告などで活躍。『フリージング離乳食―1週間ラクラク』『フリージング幼児食 1歳半〜5歳 —1週間分作りおき!』は累計4万部のロングセラーに。近著に『サラ弁』がある。

●ライター 庄司真美
●写真 さくらいしょうこ

時短・簡単・ボリューミー!ほりえさちこさんのすぐ楽レシピ【連載一覧】

忙しい毎日ではあれど、やっぱりおいしいものは口にしたい。でも作るのが面倒だったり、時間がなかったり……。そんな悩みに応えてくれるのが、フードコーディネーターのほりえさちこさん。LIMIA(リミア)で連載中のレシピをまとめてみました。今晩の献立、週末のホムパの参考にぜひ♪

LIMIA グルメ部
  • 124277
  • 4188
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー