使うほどに愛着の湧くシェーカーボックスの魅力と収納アイデア3選

18世紀後半から19世紀に活動していた、アメリカのシェーカー教徒が作り出した収納ボックス。その美しい見た目に引き込まれます。使えば使うほどに愛着の湧く収納ボックス、その魅力と収納アイデア例をご紹介します。

  • 16816
  • 77
  • 0
  • クリップ

スワロウテイルが特徴的、シンプルな美しさ。

シェーカーボックスの特徴である接合部分は「スワロウテイル」と呼ばれています。
手にとってみると、その作りのシンプルな美しさに引き込まれます。
もちろん収納として色々な用途に使えます。
サイズも手のひらにのるサイズから大きなサイズまで色々あります。

インテリアとしてディスプレイ

見た目の美しさから、収納しつつ、ディスプレイとしてインテリアを楽しむことができます。
使い方は自由。
飾りつつ、収納も出来、インテリアを楽しみながらも実用性がある所も魅力です。

宝箱収納に

ディスプレイしたくなる見た目の美しさから、中は自分の好きで集めているものを収納してみるのもおススメ。
例えば、箸置きや、ブローチなど見た目も可愛い雑貨を入れておくと宝箱のようでワクワクします。

趣味のものをまとめる

例えば、コーヒーグッズや、裁縫セットをまとめて収納しておくととても便利です。
素敵な収納ボックスに入れたら、作業もより楽しくなります。

もちろん実用的な収納にも便利

玄関の棚にディスプレイしつつ、中は出かけるときに使うマスクやポケットティッシュなんていう使い方も便利です。生活感も消してくれます。
小さなボックスにはメガネや文房具などを入れても便利です。
薬収納などに使うのも便利です。

何に使うかは自由です。
手に入れたら自分の感性でディスプレイしつつ楽しんで使ってみてください!
使うほどに愛着が湧いてくるはずです。

  • 16816
  • 77
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

このアイデアに付けられているキーワード

カテゴリ

このアイデアを投稿したユーザー