【DIY】お気に入りの自分だけの秘密基地♪ホームセンターの木材で作業テーブルをDIY☆

DIYの作業をするためのテーブルが簡易的なものだったので、収納を兼ねてしっかりした作業テーブルを作ることにしました。
ホームセンターで買うことのできる2×4材と1×4材で作ります。
全て直線カットで難しい組み立て方法などはありませんので、ある程度DIYに慣れている方なら作れるテーブルです。
スペースに合わせて天板の大きさを変えれば好みのサイズに作れますので、挑戦しやすいDIYアイデアだと思います(^-^)/

  • 22098
  • 223
  • 2
  • いいね
  • クリップ

初めてのテーブル作り

今回DIYで作るのは、作業テーブルです。
室内でDIY作業をする時に使っていたテーブルが電子キーボードの台に板を乗せただけの簡易的なものだったので、ちゃんとしたものを作ることにしました。
テーブルを作るのは初めてです(^-^)
複雑な造りではなく、なるべくシンプルな方法で作っていきます。



以前の簡易的なテーブルを設置した時のアイデアは以下をご覧下さい↓↓

畳半畳の狭小スペースにわがままとこだわりを詰め込む!ディアウォールの裏側を有効活用してミニアトリエをDIY☆

わずかなスペースでいいから自分だけのわがままとこだわりが詰まった空間をつくってみませんか? ディアウォールの裏側や柱を有効活用し、畳半畳ほどのスペースに棚をつけたり、ちょっとした作業が出来るミニミニアトリエを作りました。 さらにミニアトリエが充実するようにミニワゴンを作ったり、欲しいものをギュッと詰め込んだお気に入りのスペース作りをしました。 こだわりがどんどん増えて作業工程は多くなってしまいましたが、出来上がりの満足度は100点満点!! 少し長くなりますが、どうぞお付き合いください♪

aya-woodworks

材料①テーブル脚用

写真のように木材を用意します。
長さは板の厚みを考えて計算しています。

(a)2×4材 長さ600㎜ 4本
(b)2×4材 長さ440㎜ 2本
(c)2×4材 長さ364㎜ 2本
(d)1×4材 長さ364㎜ 3本
この(a)~(d)の板はテーブルの脚の部分として使います。

(e)の角材はテーブル天板の方で使います。

古材風にペイント

組み立てる前にペイントしておきます。

(e)の角材だけは黒い水性塗料で塗装していたのでこのまま使い、他の木材は10倍ほどの水で薄めた黒い水性塗料を塗って古材風にペイントします。

組み立て準備

2×4材は厚さが38㎜あるので、このままビスを打って組み立てるのは真っ直ぐビスが入らなかったり、かなり長いビスを使う必要があって難しいので、あらかじめ2㎝ほどの穴をドリルビットであけておきます。

棚板を取り付ける場所を決めて(a)の板に穴を開けました。

テーブル脚組み立て

(a)と(b)の板を組み立てます。
コーナークランプがないので、部屋の壁に当ててフローリングの板をガイド代わりにして直角に組んでいきます。

さらに(c)の板を組み立て、写真の状態にします。
棚板として使う(d)の板は後から取り付けます。

材料②テーブル天板用

続いて天板部分を作っていきます。

引き出し付きテーブルにしていくので、テーブル天板や引き出しをつくる為の板、プラスチックケースなどを写真のように準備します。

ダボつなぎした板はかなり前に作ったものです。コンパネなどの一枚板などでも代用可能です。

テーブルの天板として使う①の板は5枚の1×4材をダボつなぎした板です。

見た目を良くするために(e)の角材を板の切断面に釘で固定します。

写真のように、ちょっとした一手間で見栄えが良くなり、完成度が上がります。

引き出し用の板

③の引き出し側面用の板を、②の引き出し用板の55㎝の幅に合わせて内側からL字金具で取り付けます。

②のコンパネを③の板に乗せ、ビスで固定します。これで引き出しを入れる場所が出来ました。

テーブル脚取り付け

天板がここまで完成した時点で先ほど組み立てた脚の部分を取り付けます。
こちらも先ほどと同様に2㎝ほどの穴をドリルビットであけてから天板部分に取り付けます。

(d)の棚板を最後に取り付けます。
棚板を最後に取り付けたのは、脚を天板に取り付ける時にドライバーが当たってしまうから、という理由です。
邪魔にならない位置に棚板を取り付ける場合は先に棚板を組み立てて大丈夫です。

組み立て完了です。
しっかりとしたテーブルが出来ました。

プラスチックケースの引き出し

100円ショップのプラスチックケースの前面に④の板をつけて引き出しとして使います。

④の板はウォルナットのステイン塗料で塗装していた杉板だったので、白い水性塗料をざっくりと重ねて塗りました。

取っ手をつけるために板の中心にネジが入る大きさの穴をあけます。

プラスチックケースに④の板を取り付けます。
そのまま固定してしまうとプラスチックケースのメッシュの間から落ちてしまうので、端材のベニヤ板を間に挟み、板が動かないように固定します。

引き出しの完成です。
引っ張り出すとこんな感じですが…、

しまうとこのように木製の引き出しのように見えます。

ちなみに引き出しの中は無印良品のメイクボックスなどを使って整理しています。
細々としたものがたくさん入りました。

作業テーブル完成

作業テーブルの完成です!
この小さなスペースにピッタリの、自分だけの机が出来ました。

脚の部分の棚板はセリアのボックスが入る高さにしたので収納してみると、2つのボックスがピッタリシンデレラフィットしました。
その他手持ちのプラスチック容器などが収納できます。

初めてのテーブル作りでしたが、木材は全て直線切りで作ったので用意しやすく、2つの脚に天板を乗せるだけなのでシンプルに作れました。
天板を大きくして強度を上げればダイニングテーブルやローテーブルなどにも応用できそうです。

DIYで作ったミニシェルフなどを合わせて必要なものに手が届くようにし、自分だけの秘密基地のようなお気に入りの作業台になりました(^-^)

ミニシェルフなどの関連アイデアは下記をご覧下さい↓

【100均リメイク】セリアのボックスと野地板を使ってずっと欲しかったアンティークシェルフをDIY☆

アンティークショップや雑貨屋さんで見かける卓上サイズのシェルフ。憧れの存在ですがちょっと高いので、真似して作ってみることにしました。 ホームセンターに売っている木材を枠として作り、様々なサイズが見つかる100円ショップの木箱を引き出しとして使います。 ボックスを加工したり木を切ったりペイントしたり…と少し工程は多くなりますが、作ってみたら大満足!のシェルフになりましたので、どうぞ最後までご覧下さい(^-^)/

aya-woodworks

【DIY】スイスイ移動できて大活躍!木枠と塩ビパイプで便利なハンガーラックをDIY☆

コートや上着などちょっとした洋服をかけておく場所が欲しくてハンガーラックを作ってみました。木枠と塩ビパイプで作り、キャスターをつけたので移動が可能。お客さんが来たときにサッと出して使ったり、洗濯物をかけてウッドデッキに出したり…。スイスイ動かせるコンパクトなハンガーラックになりました(^-^)

aya-woodworks

【DIY中級編】DIYに慣れてきたらワンランク上の加工に挑戦!ジグソーで出来る『相欠き継ぎ』で棚作り☆

100均リメイクのように簡単にできるDIYもいいけれど、DIYに慣れてきたら電動工具を使ってワンランク上のDIYに挑戦したい! 今回紹介するDIYは『相欠き継ぎ』という継ぎ手テクニックを使った棚作りです。 手工具を使ってできないことはないDIYですが、電動工具があるからこそ時間をかけなくても出来るDIYです。 見た目スッキリな棚が作れるので覚えておけば便利♪作品作りの幅が広がります(^-^)

aya-woodworks

閲覧いただきありがとうございました☆

  • 22098
  • 223
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード