おしゃれでモダンなTVボード|完全オーダーのフロートタイプTVボードをお届けします【全国対応】

おしゃれなTVボードとは家のインテリアの邪魔にならないことです。
配線コードやコンセントすら見せることなく床も綺麗に見せるためには
浮いている(フロート)形にする必要がありました。
そしてどこにも存在しなかったこのフロートタイプのTVボードは
2004年、とあるハウスメーカーのモデルハウスで世間の目に触れることとなったのです。

  • 8479
  • 40
  • 0
  • いいね
  • クリップ

一部のお客様にしか提供できなかった

このフロートタイプのTVボードは発表後、たちまち評判となり
お問い合わせを多くいただくこととなり、バージョンアップを重ねてきましたが
限られたエリア内という制約から離れることはできませんでした。

2016年、全国展開開始

そもそもオーダー家具というのは決められた価格というものがありませんので
カタログでさえ作れないものです。まして価格表も作れません。

そこで苦心した挙句、価格表でありながら一般公開をしない、
つまり希望者のみにお見せするという形をとることに決めました。

一つはお問い合わせフォームに登録していただくというもの、
もう一つはLINE@で公開するというものです。

超えなければならない最大のハードル

全国展開と大手を降ったのにもかかわらず、
お客様がこのTVボードを入手するには最大のハードルを超えてもらう必要がありました。

それはTVボードの取り付けをしてくれるハウスメーカーや工務店、建築会社の承諾でした。

大工さんか職人さんの手で施工してもらうことを前提としています

フロートタイプのTVボードの取り付けに関しては
ミリ(mm)単位の調整と建築工事の知識が必要になるため、建築の現場作業に通じた
大工さんか職人さんの手で施工してもらうことを前提としています。

本当のオーダーとは制約がないこと

オーダーと言いながら、選べる形やカラーも少なければ完全なオーダー家具とは言えません。
ですがお客様が一から設計できものではありませんので
ご要望が多い形をベースとして自分ごのみにカスタマイズするほうが容易いはずです。
そしてその希望を聞かせていただき私が設計し、納得いくまで提案をしています。
とうぜんアドバイスもさせていただいています。

建築会社の設計担当者やインテリアコーディネーターとの打ち合わせは私が行います

家のインテリアは家具も含めた上で計画することがベストです。
特にTVボードはリビングの主役となりますので、
ここのインテリアコーディネートが成功するかどうかで家のグレードをも左右すると
いっても過言ではありません。

家の構造の打ち合わせは設計担当者、見え方の打ち合わせはインテリアコーディネーターとするといった具合です。

数々のハウスメーカーのモデルハウスの家具、
システムキッチンやリビングボード、洗面化粧台などの打ち合わせを設計担当者や
インテリアコーデイネーターと重ねてきています。

価格は価値と比例するもの

フロートタイプ、または浮いているTVボードというのは
私が発表した時点ではほかで目にしたことはありませんでした。
それだけ難しいのです。
見よう見まねで開発したとしたら危険だと言わざるを得ないものです。

さらにフロートタイプにするということは取り外しがかんたんにできなくなると
いうことを意味しますので、1年、2年でキャビネットに狂いが生じるなどが
あってはいけないということです。

決して売り込みません

このフロートタイプのTVボードの価格はフォームかLINE@で公開していますが
こちらからご返答の催促や、売り込みなどのセールスは一切行っていませんのでご安心ください。

詳しくはこちらから

フロートタイプのTVボードの価格表や作品集、
ハウスメーカーへのお問合わせ方法をまとめています。

  • 8479
  • 40
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

[カワジリデザイン(k-design) H5年~現在]ハウスメーカー、ゼネコン、設計事務所から長年多くのオーダー家具の設計と施工管理の依頼を請けてきました。棟数…

おすすめのアイデア

話題のキーワード