ソーラーパネル(太陽光パネル)を屋上に設置する際のメリットとデメリットをご紹介!

自然の光を利用して電力を生産する住宅用太陽光発電は、環境に優しいクリーンなエネルギーを生産できるなどの理由から、現在大きな注目を集めています。多くの魅力を備えた発電方式ですが、導入するためにはソーラーパネルを準備する必要があります。中でもソーラーパネルの屋上への設置は人気の高い選択肢の1つです。本記事では、ソーラーパネルを屋上に設置することのメリットとデメリット、そして設置時の注意点について紹介します。

  • 6471
  • 4
  • 0
  • いいね
  • クリップ

屋上設置のメリット:遮熱効果による室内環境の快適化

ソーラーパネルを屋上に設置する最大のメリットは、建物への「遮熱効果」の恩恵を受けられる点にあります。

ソーラーパネルは、発電装置としての役割を果たすだけではありません。屋上へと降り注ぐ太陽の直射日光を防ぐことで、建屋内の温度上昇の防止にも一役買います。

また単に設置するだけでなく、パネルと屋根との間に空間を作り、その間で空気を循環させるようにすれば、屋根を冷却し温度を下げる効果も期待できます。このように工夫することで、夏場は室内環境を涼しく保つことが可能となるのです。

またソーラーパネルは冬場の冷気を遮断する効果もあり、かつ室内の温度を逃がさないよう保温する役目も果たします。ソーラーパネルの遮熱効果は、夏はおよそ-10℃、冬は+5℃の空調効果を屋内にもたらすとされています。つまり、ソーラーパネルを屋上設置することで、年間を通して、室内を快適な状態に保てるようになるのです。

さらに遮熱効果は、建屋内のエアコンなど冷暖房機器の稼働率を減少させるため、光熱費の節約にも貢献します。もちろん遮熱効果に頼るだけで、冷暖房機器の必要性が一切無くなるわけではありません。しかしエアコンの温度設定が多少緩やかになることは確かであり、それだけでも光熱費は大分抑えられるでしょう。

屋上設置のデメリット:初期投資コストの割高感、雨漏りの危険性

屋上へのソーラーパネル設置には、メリットが存在する一方でデメリットも存在します。

1つめは、設置のための初期投資コストが割高になりがちだという点です。

太陽光発電の導入には、どのような設置場所を選んでも「ソーラーパネル本体の購入費用」「パネルの取り付け工事費」そして発電した電気を使えるようにするための「電気配線工事費」を支払う必要があります。導入規模にもよりますが、こうした発電システムの導入だけでも、1,000,000円から2,000,000円程度はかかるでしょう。

さらに屋上が傷んでいた場合には、その箇所の修復費が必要となるため、出費はさらにかさみます。これらの初期投資は、太陽光発電で余った電力を電力会社に売ること(売電)で、長期的には回収可能だといわれていますが、個別のケースによって多少の違いがあります。導入前に必ず試算しておきましょう。

もう1つは、設置工事時のミスが原因で生じる雨漏りなどの可能性です。

現在主流となっているソーラーパネルの設置方法は、設置場所に直接穴を開けて、そこにパネルを固定するというものです。この施工法では穴を開ける場所を誤った場合、また工程の進め方を取り違えるなどのミスを犯してしまった場合に、屋内へと雨が侵入して雨漏りが生じかねません。

残念ながら太陽光発電の人気の高まりとともに、悪質な設置業者も多数市場参入を果たしています。こうした会社では、研修が不十分な技術者を現場作業に派遣するケースもあり、雨漏りのような施工ミスが原因でしばしばトラブルが生じます。このため、信頼のおける業者にのみ工事を依頼することを徹底しなければなりません。

反射光による「光害」には要注意!

屋上にソーラーパネルを設置する際には、近所トラブルを防ぐためにも、パネルの「反射光」には特に気を使いましょう。

発電効率を高めるため、屋上に設置されるソーラーパネルの材料には「低反射ガラス」が採用されており、表面には「反射防止コーティング」が施されています。しかしこれらの工夫によっても、全ての太陽光を吸収し切れるわけではありません。このためパネル表面では、いくらかの反射光が生じます。

この反射光が近隣の住宅に射し込んだ場合「光害」と認定される可能性があります。2012年にはソーラーパネルの反射光による近所トラブルが原因で、パネル撤去と損害賠償を求める裁判が東京高等裁判所で起こされています。光害問題は、決して軽視できるものではありません。

しかし実際のところ、信頼のおける業者に工事を依頼すれば、こうした問題はほとんど起きません。一般的にソーラーパネルは、良好な発電量が見込める南向きに設置することが推奨されていますが、この場合、反射光は空へと反射されることになります。したがってソーラーパネルによる光害問題は、本来はごくまれな事例なのです。

ただし東、西、北のいずれかの方角に面するように設置すると、設置した角度によっては反射光が近隣の住宅へと降り注ぐ可能性があります。やむを得ず、これらの方角に向けて設置せざるをえない場合には、ソーラーパネルの設置予定場所に鏡を持って立ち、設置角度と高さを合わせて、光害が生じないかどうかをシミュレーションすると良いでしょう。

まとめ

屋上へのソーラーパネル設置には、遮熱効果による快適な室内環境の維持が可能になるというメリットがあります。しかし一方で、投資コストの高さや、施工ミスによる雨漏りの危険性、また反射光によるご近所トラブルといった注意点も存在します。これらのメリット、デメリットをしっかり考慮に入れつつ、各家庭の事情に合わせて屋上設置を検討するようにしましょう。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」♡
・厳しい審査を通過した優良会社から最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
・補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 6471
  • 4
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード