「ワークスペースは何のためにあるの?」部屋別の実例5タイプ

新築に限らず、リフォームや大型リノベーションでもよく聞かれる【ワークスペース】はほしいけれどどんなものがいいのだろう問題。

今日は、『ワークスペース(カウンター、机)』のお話をまとめました。わたしが暮らし提案する際は、以下5タイプのいずれかが多いです。

①リビング脇で[パソコン置きや子どもの勉強机かわり]になるもの。
②ダイニングテーブル付近にある[食事の補助テーブルのかわり]になるもの。
③キッチン背面にある[キッチン作業台かわり]になるもの。
④家事室にある[収納棚やメモを書き留める机]になるもの。
⑤和室、書斎、寝室にある[PC置きや持ち帰りしごと机]になるもの。

『なんのため?』がこうやって具体的であるほど「物置化しにくい」ので、ぜひ計画される際の参考になれば嬉しいです。リフォームされる際も参考になるので、よろしければ記事の続きも読んでいただければと思います。

  • 10749
  • 108
  • 0
  • クリップ

わたしが提案する『ワークスペース』とは、次のいずれかの用途が多いです。

①リビング脇で[パソコン置きや子どもの勉強机かわり]になるもの。

②ダイニングテーブル付近にある[食事の補助テーブルのかわり]になるもの。

③キッチン背面にある[キッチン作業台かわり]になるもの。

④家事室にある[収納棚やメモを書き留める机]になるもの。

⑤和室、書斎、寝室にある[PC置きや持ち帰りしごと机]になるもの。


どうでしょう。イメージは沸きますでしょうか? 事例を交えて解説していきます。



事例その①:リビング脇で[パソコン置きや子どもの勉強机かわり]になるもの。

リビング脇だけではないですが、やはり物置にならないように配慮が必要ですね。

ちなみに奥行きを[40cm]で計画すると、勉強机にもなりやすいです。
ノートパソコンも広げやすいのですが、セットで使われるプリンター給紙部分が上側にあると、+αの奥行きが必要な場合があります。



事例その②:ダイニングテーブル付近にある[食事の補助テーブルのかわり]になるもの。

食事の補助と聞いてもピンとこないかもしれません。例えば、お鍋料理を想像してみてください。
追加する具材や調味料、お皿や鍋蓋など、ちょっとどこかに置きたい時、ありませんか?
そんなときにも便利ですよね。

ちなみに、カウンター高さを70cm前後に計画すると、ちょい書きスペースになります。
ふだんは、ダイニングチェアをぐるりと回して使えるスグレモノですね。



事例その③:キッチン背面にある[キッチン作業台かわり]になるもの。

最近、キッチン背面収納が[腰高さまでのもの]を選ばれる傾向があります。
あまった上部のデッドスペースはどうするのかというと、[オープンな棚板]を造作するといった方が多いですね。魅せる収納といった感じでしょうか。

家電をおくだけではなくて、キッチンでの[ながら作業]をアシストしてくれるのが、この場所にワークスペースを計画するメリット。
写真にある、ながーーーーーーいワークカウンターは、[約2m50cm]あります。
家電置きとパソコン置きを併用するため、奥行きは[40cm]で計画していますが、最新家電は奥行きが40cm以上のものも続々発売されています。計画の際は、持ち物との相性も大切です。
※ただし、奥行きがありすぎると、キッチンやダイニングテーブルとの間隔が狭くなることもあるので要注意。



事例その④:家事室にある[収納棚やメモを書き留める机]になるもの。

わたしはよく、[可動棚]を収納や造作計画に盛り込みます。
固定棚にすると重たいものでも安心して置けるメリットはありますが、固定してしまうと、住みながら用途を変更したいときになかなか自由がききにくいデメリットもあります。

ですので、どうしても難しい場所以外は、比較的[可動棚]を採用しています。
棚というのは面白くて。高さ[70cm]に棚を設置して足元をガランと空けてあげると、カウンターになります。
一方で、高さ[30~40cm]きざみ、奥行きも[30~40cm]で棚を設置すると、カゴや収納ケースを効率よく入れやすくなります。



事例その⑤:和室、書斎、寝室にある[PC置きや持ち帰りしごと机]になるもの。

和室や書斎、寝室脇にちょっとだけカウンターを… というリクエストも多いですね。
この場合も、「なんのために使うカウンターなのか」が明確であれば、より使いやすい計画ができます。

[和室]であれば、正座して勉強するために使うのか、あぐらをかきながら本を読むのか。
[書斎や寝室]であれば、その場所でパソコンを使うのは趣味なのか仕事なのか…など。

具体的であるほど、その後「物置化」しないですよね。ただ、なかなかイメージがわかない方は無理に最初からワークカウンターを作ろうとせず、生活しながら本当に必要かを見極めてから作ってもいいと思います。



いかがでしたでしょうか??
なにか、少しでも参考になれば幸いです。

もし気にいっていただければ、【フォロー】してくださると励みになります(*‘‘)
また次回の記事も、知恵ネタ投下しますね~!

暮らしの設計士 あず



━︎━︎━︎━︎━︎━︎━︎━︎
ちょっと楽しい家づくり
◼︎有限会社ひまわり工房◼︎

兵庫県相生市緑ヶ丘4-6-7
0791-22-4771
himawari-kobo.net
━︎━︎━︎━︎━︎━︎━︎━︎



カスタマイズできる『家事室』の魅力

家事室やユーティリティをつくる時、家族の成長にあわせて『仕様をカスタマイズ』できるようにしておくと、便利です。 今日は、最近急増中の『家事室』の作り方や使い方のお話をまとめました。新築だけではなくて、リフォームされる際も参考になるので、どうぞ。 そのほかにも、よく聞かれることは、instagramにまとめていますので、気になるかたは、instagram(@himawari_kobo)へもアクセスしてみてくださいね。

暮らしの設計士 あず(ひまわり工房)
  • 10749
  • 108
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード