緑区S邸-変形敷地を有効活用-

神奈川県横浜市緑区 2017年10月竣工
敷地面積:154.46 M2

若い夫婦が思い切って買ってしまった三角土地。
面積はあるけれど、有効に使える部分は少ない。
2つの道路に面しており、その高低差2.2m。
この傾斜地、北側の高度斜線と道路斜線で難しい土地です。
ハウスメーカーには予算も含めて断られたとか。
こういう話は設計事務所の腕の見せ所です。

  • 4233
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ
  • 4233
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

用・強・美が求められる建築・住宅の設計に対して心・技・体で答えていく。それが当社のスタンダードポリシーです。事務所を創立して20年。今まで数多くのクライアントと…

おすすめのアイデア

話題のキーワード