和紙を染めて作る!手作りポチ袋

みなさん、ポチ袋の用意はお済みですか?
まだの方は手作りしてみてはいかがでしょうか?
とっても簡単にオリジナル柄のポチ袋が作れますよ。
染め方3パターンと染めた和紙のアレンジアイデアをご紹介します。

  • 6773
  • 68
  • 0
  • いいね
  • クリップ

和紙を染めてみよう

絵の具で色を付けると和紙が硬くなってしまいますが、染料を使うと和紙が硬くなりません。
絵の具よりも馴染みが良いので和紙の風合いの良さを生かして色を付けることができます。

用意するもの

・和紙(障子紙などでも可)
・PAC FABRIC DYE 単品染料
・染料を溶かす容器
・お湯
・筆やスプーン、ストロー

障子紙は100均で手に入ります。

染料液の作り方

染料の濃度はお好みで調節できます。
お水(またはお湯)500mlに対して、濃い:染料5g、普通:染料3g、薄い:1g
必要な分だけ溶かしてくださいね。

染め方1「筆で柄を描く」

溶かした染料を筆で塗っていきます。
自由に柄を描いてみましょう!


そのまま乾かしたら出来上がりです。


障子紙は薄いので、重ねて下の柄を透けさせても面白いです。

染め方2「染料をたらす」

紙をくしゃくしゃにして、染料をスプーンやストローでたらします。


広げて乾かしたら出来上がり。むら染めのような仕上がりになります。

染め方3「折り染め」

紙を折りたたんで、染料液に浸す方法です。
広げるとお花のような柄ができます。

こちらを参考にして折りたたんでみましょう。


折りたたんだ紙を染料液に浸けます。
手に染料がつかないように注意してください。


そのまま少し乾かします。(液が垂れなくなるまで)
その後、ゆっくり広げて乾かします。


こちらは三角形に折ったもの。


こちらは四角形に折ったものです。
折り方や染料の浸け方で柄が変わるのが面白いですね。

ワンポイント

シワが出てしまった場合は、アイロン(低温)で伸ばすことができます。

ポチ袋にアレンジ!

染めた和紙を下記のサイズにカットして、のり付けします。


和紙を使うと温かみがある仕上がりになりますね。

その他にも

染めた和紙はポチ袋以外にもたくさん使い道があります。
包装紙・ブックカバー・はし置き・折り紙・ガーランドなど、いろいろアレンジしてみましょう!

包装紙
ブックカバー
はし置き
折り紙
ガーランド

使った染料

PAC FABRIC DYE(パックファブリックダイ)染色キットの染料だけを使いました。
単品の染料(5g・50g・100g)も公式オンラインショップで販売中です!

まとめ

とっても簡単にかわいいポチ袋が作れます。
お子様と一緒に作っても面白いと思いますよ♪
寒い日はおうちで和紙染めに挑戦してみてくださいね。

  • 6773
  • 68
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

DIYクリエイター

簡単・キレイに染まる家庭用染色キット「PAC FABRIC DYE」(パックファブリックダイ)です。染色キットを使ったリメイク術やアイデアを詳しくご紹介します。

おすすめのアイデア

話題のキーワード