もし引っ越し先がプロパンガス利用だったら?賃貸住宅でのガス料金対策を教えます

転勤などで引っ越しを繰り返しながら暮らしていると、引っ越し先の賃貸住宅でガスの利用形式が変わる場合があります。引っ越し先を自由に選べればいいのですが、そうはいかない場合も多いもの。元の家が都市ガス利用だったのに、引っ越し先ではプロパンガス利用へと変わってしまうこともあるでしょう。今回は、引っ越しによって都市ガス利用からガス料金の高いプロパンガス利用に変わってしまったときの対処法についてご紹介します。

  • 28599
  • 120
  • 1
  • いいね
  • クリップ

賃貸でプロパンガスを契約している理由

一般的に、一戸建て住宅向けのプロパンガスよりも賃貸アパート・マンションのプロパンガスは料金が高いと言われています。また、賃貸アパート・マンションでは都市ガスよりもプロパンガスを利用しているケースが多く、都市ガスのサービス地域外のためプロパンガスを利用せざるを得ないことがあるのも特徴です。ここでは、なぜ賃貸住宅に料金の高いプロパンガスが採用されるケースが多いのかをご説明しましょう。

都市ガスを契約する場合、初めに自前で設備や器具を設置する必要が出てくるため、初期コストが比較的高くかかります。いっぽう、プロパンガスを契約すれば基本的には設備・器具はガス会社が提供してくれます。そのため、賃貸住宅では大家さんの意向でイニシャルコスト(初期費用)が安く済むプロパンガスの設置が好まれることになります。

賃貸住宅のプロパンガス料金が高いのは、その設置コストの分が月々のガス料金に実質上乗せされる形で請求が行われているからと考えていいでしょう。プロパンガスの設備を設置するのは大家さんですが、それにかかった料金は実際には入居者が後払いしているということになります。一戸建ての家と比較して、賃貸住宅でのプロパンガス料金が高くなるのはこの点にも大きな理由があると言われています。

賃貸でプロパンガス料金を値下げするためには

賃貸住宅のプロパンガス料金が高くなる理由については先に述べましたが、ここでは賃貸住宅でプロパンガス料金を安くする方法についてご紹介しましょう。

【1.ガス料金が安い賃貸住宅へ引っ越す】
実に単純ですが、最も簡単に月々のガス料金を安くする方法はガス代が高くつく物件に住むことをあきらめて他の住宅へ引っ越しをすることです。すぐに引っ越すことが可能なら、都市ガスなどガス料金を低く抑えられる住宅への転居を検討しましょう。

【2.大家さんにガス会社乗り換えの交渉をする】
賃貸住宅は基本的に入居者がガス会社を自分で選択できず、それが料金の高さの原因にもなっています。入居者がガス会社を変更するには大家さんの承認が必要になりますし、大家さんの契約状況によっては支払い切れていない設備費用の一括負担などが必要となる場合も。そのため、大家さん側もガス会社の乗り換えには消極的になるかもしれません。

そのため、他の入居者さんとも協力して署名を集めるなどし、入居者全員として交渉にあたることが効果的と言えるでしょう。もし大家さんの了承が得られて新しいガス会社への乗り換えが決定したら、旧ガス会社分の残存費用を新会社が負担してくれる可能性もあります。もしくは、交渉の結果現在契約中のガス会社が値下げに応じてくれるケースもあるかもしれません。

自分でガス代を減らそう! 家庭でできるガス代節約方法

これまでご紹介した方法を試して実際に上手くいかなかった場合や、面倒な思いをするよりは自分の力で今かかっているガス代を何とか減らしたい!と思っている場合には、シンプルにガス代を節約する方法を考えてみましょう。

【1.お風呂を沸かすためのガスを節約する】
賃貸住宅で給湯にガスが使われている場合、最もガスを消費するのは「お風呂を沸かすとき」です。もちろんお風呂に入ることをやめるわけにはいきませんが、「節水ヘッドなどでシャワーの出水量を減らす」「追い焚きする機会を減らす」「お風呂の湯量を少なめにする」「お風呂の温度を下げる」などの対策法でガスの節約ができます。

【2.調理に使用する熱源を変える】
キッチンでの調理にガスを使用している場合は、卓上IHコンロやカセットボンベ式コンロに替えるなどでプロパンガスの使用量を減らせます。IHで使用する電気代やカセットボンベの購入費用などを考えて、プロパンガスを同等に使用した場合のガス代の方が高くつくとわかっているなら、若干の初期投資は必要ですが長い目で見ると節約につながるのではないでしょうか。

【3.スポーツクラブなどの浴室を利用する】
もし、体力づくりや趣味でスポーツクラブに既に入会しているなら、日々の入浴やシャワーにはなるべく施設内の浴室やシャワー室を利用するといいでしょう。ご自宅でお風呂を沸かす回数が減るだけでも、かなりガス代の節約ができるはずです。また、これからスポーツクラブへ入会するなら入会金無料キャンペーンなどを狙うのがおすすめ。月々の会費を支払う代わりにガス代を減らせて体力もつき、一石二鳥になるかもしれません。

まとめ

こちらの記事では、賃貸住宅のプロパンガス料金を値下げするテクニックや月々のガス代を節約するアイデアについてご紹介しました。また、「賃貸住宅にはなぜプロパンガスが多いか」「賃貸のプロパンガスはなぜ戸建てより料金が高いか」を知って、なるほど! と思った方も多いかもしれません。それに、ガス代を節約すると言っても我慢を強いられる方法ばかりではなく、アイデア次第では楽しみながらガス料金対策ができることもわかりますね。


LIMIAからのお知らせ

【24時間限定⏰】毎日10時〜タイムセール開催中✨
LIMIAで大人気の住まい・暮らしに役立つアイテムがいつでもお買い得♡

  • 28599
  • 120
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

暮らしに関するお役立ち情報お届けします。節約や子育て術、家事全般、お掃除や収納の詳しいテクニック、ペットとの快適な暮らしのヒントなど、生活に役立つ情報を見つけて…

おすすめのアイデア

話題のキーワード