マンション買い替え時の下取りとは?そのメリット・デメリットを知っておこう

所有しているマンションを買い替える際に、現在所有している物件を手放す方法には「売却」と、不動産業者による「下取り」の2種類があります。「売却」とは不動産業者の仲介によって、第三者にマンションを売ることです。それに対し「下取り」とはマンションを不動産業者に直接買い取ってもらう方法を指します。下取りした不動産業者はマンションのリフォームを行い、かかった金額を上乗せして販売価格を決定し、第三者に再販売するという流れになります。今回は、マンションを「下取り」で手放す場合のメリットとデメリットについてご紹介します。

  • 3997
  • 7
  • 0
  • いいね
  • クリップ

マンションを下取りしてもらうメリットとは?

マンションを下取りによって手放すことで、以下のようなメリットがあります。

【1.すぐに現金化できる】転勤などの都合で、急いでマンションを売りたいというケースでは下取りは有用な手段となります。ご自分でマンションを売ろうとしても結構大変ですし、購入希望者が希望の時期までに必ず現れるとは限りません。売却した後も、実際に代金が手元へやってくるまでに4~6か月以上もの期間がかかることもあります。

不動産業者に直接下取りしてもらえば、購入希望者を待つ必要もありません。業者との打ち合わせや物件の現況確認が済めば、すぐに売却の手続きが終わります。基本的に現金買い取りですから、売却するより短期間で現金化できます。最短の場合は数日で入金されるケースもあります。事情があって売却を急いでいる人にとっては、非常に大きなメリットになりますね。

【2.頻繁に掃除をしなくて良い】
売却する場合、第三者である購入希望者にマンションを内覧してもらう必要があります。「このマンションを購入したい!」と思ってもらえるためにも、部屋の掃除は必須になるでしょう。1組や2組の内覧で購入者がすぐに決まれば良いのですが、さらに何組もの内覧を繰り返すことになるとそのたび掃除しなければならなくなって大変でしょう。

内覧者とはいえまったくの他人が何組も家を訪ねるわけですから、精神的に緊張してしまう人もいます。また、内覧してもらっている間は必ず家にいなければならず、時間的な拘束も増えて面倒に感じる方もいるでしょう。

その点、下取りの場合は不動産業者に1度部屋を見てもらえば良いだけなので、あらゆる手間が省けます。

【3.プライバシーが守れる】
売却する場合は、不動産業者のホームページや雑誌やチラシなどに、物件の情報が掲載されます。マンションを売却することを周囲に伝えていないのに、ご近所や会社の人に知られてしまう可能性も当然出てくるでしょう。

マンションを手放すことをあまり知られたくない方も少なからずいるでしょうから、その場合には下取りを選択すれば誰にも知られずにマンションを手放すことができます。

【4.瑕疵担保責任が免除される】
売却した場合、売主は「瑕疵担保責任」を負わなければなりません。期間は2~3か月のことが一般的です。瑕疵担保責任とは、所有物件を売却した後であっても雨漏りや配管設備などの不具合が起こった際には修繕・修復の義務が売主に課されるということで、もし不具合があればその分の修繕費用を負担しなければなりません。なかには、数百万円もの修繕費を支払ったというケースもあるようです。その点、不動産業者による下取りの場合には瑕疵担保責任が免除されます。

【5.リフォームをしなくても良い】
売却する場合には、壁紙の張り替えや畳の入れ替え、ハウスクリーニングなどリフォームの費用がかかります。その点、下取りであれば現状での買い取り価格になります。その後、不動産会社が売却する際にリフォームを行ったとしても、すべて業者が負担することになりますから売主は費用を負担しなくて済みます。

マンションを下取りしてもらうデメリットとは?

マンション下取りのデメリットは1つだけあります。それは、「査定価格が売却に比べて非常に低い」ということです。どのくらい低いのかと言うと、一般的な売却価格と比較して70~80%前後になります。

売却の場合なら3,000万円の値段がつくマンションなのに、下取りになると価格が2,000万円~2,400万円程度になってしまうこともあります。このデメリットが非常に大きな問題となり「下取りをやめてやっぱり売却にしよう」という人も多くなっています。下取りのメリットと比較してどちらを優先すべきか、よく考えることが必要ですね。

下取りの予定を立てながら売却活動できる方法も

デメリットの問題を考慮して、マンション売却を選択したとします。不動産業者に仲介を依頼し、すぐ売れた場合は何の問題もありませんが、売り出したのは良いけれど、予定していた期間内に売れなくて焦ってしまうこともあり得ます。

そのような場合、いつまでもマンションを持っていても仕方がないので下取りに切り替えようということになるでしょう。多くの人は、仲介をお願いしていた不動産業者にそのまま下取りも依頼するという流れになると思います。

この方法なら確かに手間は省けますが、もし可能なら複数の業者から下取りの査定をしてもらう方法をおすすめします。査定による価格設定は、業者によって異なります。たとえば下取り価格に10%の差があると言っても、不動産の場合は金額的に数百万円も違ってくる場合もあるので、やはり少しでも高く売却するためには面倒がらずに比較検討することが大切です。

ただし「必ずこの期間までに売却したい」という期間重視の方には、『下取り保証』と言って「一定の期間内に売却ができなかった場合、あらかじめ決めておいた金額でそのマンションを下取りしてもらえるシステム」を取り入れている不動産業者に下取りを依頼すると良いでしょう。期間内に確実にマンションを手放せることを最初に保証してくれるので安心です。

まとめ

こちらの記事では、マンションを手放す際に「下取り」の方法を選択する場合のメリット・デメリットについてご紹介しました。売却するか下取りに出すかで迷っている方は、両方のケースを想定して見積もりを取ってみましょう。実際にそれらの見積もりを比較検討した上で、最終的にどちらがお得になるのかを判断してマンション売却を成功させましょう。


LIMIAからのお知らせ

最高価格で不動産売却をするならまず比較!
約1,400社以上の不動産会社から最大6社まで無料で一括見積もり

  • 3997
  • 7
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード