マンション売却の成功に欠かせない!“マイソク”を有効活用しよう

マンションの売却には欠かすことのできない、「マイソク」を知っていますか?物件探しの経験がある方なら、誰もが一度は目にしたことがある身近な資料ですが、マイソクと聞いてもイメージしにくい方も多いのではないでしょうか。売却を成功へと導く重要なツール・マイソクについて詳しくご紹介しましょう。

  • 2840
  • 10
  • 0
  • いいね
  • クリップ

マイソクって何?

マイソクとは、広告・チラシなどのもととなる不動産情報が掲載された資料を指します。東京都に本社を構える株式会社マイソクが物件情報を収集し、ファクトシートと呼ばれる物件案内図面に加工したことが始まりとされています。現在では、不動産会社が作成する資料の名称として定着しています。

不動産会社で掲示している物件情報や不動産情報誌などを見て問い合わせがあった場合、間取りや室内の設備、築年数など、すべての情報を口頭で伝えることは難しいでしょう。そこで、問い合わせ客が求めている情報を正しく、かつ分かりやすく届けるためにマイソクが必要となるのです。

マイソクは不動産会社へ物件探しに訪れた人だけではなく、提携他社へ送ったり、新聞の折り込み広告やチラシとして近隣の住民へ届けたり、インターネットへ掲載されたりと、不特定多数の人が目にするものです。そのため、よいマイソクを作成すれば多くの人の目に留まり、問い合わせや内覧につながります。

マイソクに記載する事項に決まりはありませんが、次のような項目を記載するのが一般的です。

・建物名
・希望販売価格
・住所
・建物全体の階数、物件のある階数
・築年数
・専有面積
・間取り図
・最寄り駅からの距離
・周辺環境
・建物の構造
・管理費
・修繕積立金
・取り扱っている不動産会社の基本情報
・取引形態や媒介形態

これらは購入を検討する人の多くが求めている基本情報のため、あらかじめ記載しておくと物件の情報や魅力が伝わりやすいでしょう。

いいマイソクにするためのポイントとは?

マイソクは専用ソフトを使用して作成するため、ほとんどの不動産会社で似たような仕上がりになります。数あるマイソクの中から自分のマンションを気に入ってもらうためには、それらの競合物件のマイソクと差を付け、少しでも多くの人の印象に残る必要があると言えるでしょう。

そこで、次のようなプラスとなるポイントを押さえながら、物件の魅力を最大限にアピールした「いいマイソク」を用意することが大切です。

【プラスポイント1:カラーで印刷する】
マイソクは白黒印刷や一色刷りのものを多く見かけますが、カラーで印刷することでより目立ちやすく、初めて目にした際の印象も大きく変わるでしょう。コスト削減を理由に広告やチラシをカラーで印刷できない場合には、問い合わせ客へ渡す資料だけでもカラーで印刷してもらうのがおすすめです。

【プラスポイント2:写真を多く掲載する】
物件の魅力を伝えるには、言葉だけでなく写真を添えると効果的です。たとえば、アピールしたい景色や室内設備があれば、ぜひ写真に撮って掲載しましょう。また、間取り図と併せて室内写真を載せることで物件をイメージしやすく、資料としても目立ちやすくなります。

【プラスポイント3:物件の魅力やアピールポイントを簡潔に記載する】
上記でご紹介した物件の基本情報以外に、その物件の魅力をアピールすることも大切です。不動産のプロならではの視点でアピールポイントを記載するのもいいですが、その物件のよさをよく分かっている売主自身が掲載したいポイントを伝えると、物件の魅力がよりリアルに伝わります。

【プラスポイント4:プラスαでおまけの情報を記載する】
物件の情報をたっぷりと掲載したら、最後に担当者からのひとことメッセージを記載してもらうのもいいでしょう。メッセージが添えられていると、広告やチラシを見た人に担当者の思い入れが伝わり、物件が大切に扱われているという印象を与えることができます。

なお、マイソクが仕上がったら配布前に実際に見せてもらうことも大切です。物件の魅力がしっかりと伝わるマイソクに仕上がっているかを確認し、気になる点があれば担当者へ伝えて、よりよいマイソクになるよう改善を重ねましょう。

こんなマイソクは残念!

いいマイソクを作成するために工夫することは必要不可欠ですが、物件をよく見せようとするあまり、次のような失敗をしてしまう可能性があります。場合によっては購入希望者とのトラブルを招く恐れもあるため、注意が必要です。

【マイナスポイント1:写真が見づらい】
暗い、ピンボケしているなど、クオリティの低い写真を使用していると物件のイメージダウンにつながりかねません。必要であれば撮り直しを依頼するか、カメラが得意であれば自身で撮影し、業者にデータを渡すという手もあります。

【マイナスポイント2:間取りが正確ではない】
部屋を広く見せたいがために、実際の比率よりも大きな図を掲載することはやめましょう。記載した面積に誤りがなくても、実際に内覧に訪れた人が「広告の間取りと違う」と感じ、不信感につながる可能性があります。

【マイナスポイント3:誇大表現・使用禁止用語が使われている】
マイソクでは、あくまでもありのままを伝えることが大切です。物件の魅力をアピールしようと、実際とは異なる情報や大げさな表現を使うと誤解を招く恐れがあります。

また不動産広告では、「完全」「完璧」「日本一」「当社だけ」「他に類を見ない」などの用語の使用が禁止されています。違反した場合には注意や警告を受けるだけでなく、違約金も発生するため、注意が必要です。

まとめ

マイソクでは物件のよさをアピールしつつも、誇大表現や使用禁止用語の掲載によって逆効果となってしまわないよう、ありのままを記載することが大切です。今回ご紹介したポイントを参考にしながら、信頼できる担当者とともに、競合物件とはひと味違うマイソクを目指してみてはいかがでしょうか。


LIMIAからのお知らせ

リフォームをご検討なら「リショップナビ」
1.まとめて最大5社のご紹介!安心の相見積もり!
2.紹介企業は厳しい審査を通過した優良会社のみ!
3.補償制度があるので、安心してリフォームを依頼できる!

  • 2840
  • 10
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIAおすすめのリフォームやリノベーション、住宅設備に関する記事を中心にご紹介。施工事例や費用相場、リフォーム会社の選び方など、住まいに関する情報満載でお届…

おすすめのアイデア

話題のキーワード