ヴィンテージファッションに挑戦!とっておきのアイテムが見つかる〔American Wave〕

沖縄県浦添市にあるアメリカン・ヴィンテージショップ〔American Wave〕。この道30年のアメリカ人オーナーがみずから買いつけた、上質なアイテムがよりどりみどりです。店舗はアメリカ人用の住宅をそのまま利用したもので、本当にアメリカにやってきたかのような気分に浸れます。今回は、いままでとっつきにくいと敬遠していたヴィンテージファッションの取り入れ方について、おすすめアイテムと共にレクチャーいただきました。

  • 15621
  • 27
  • 0
  • いいね
  • クリップ

アメリカンムードただよう町・港川

〔American Wave〕があるのは、沖縄県浦添市は港川にある「港川ステイツサイドタウン」。かつてアメリカ人向け住宅街として栄えていましたが、今ではおしゃれなカフェやセレクトショップなどでにぎわう町となりました。

ヴィンテージ照明ショップ〔INDUSTRIALWORKS〕や、タルトカフェ〔オハコルテ〕、セレクトショップ〔Proots〕なども同じ町。町内のショップはいずれも数十年前に建てられたアメリカ式の住宅を改装しており、他では見られない独特の雰囲気を醸し出しています。

昔のアメリカに一瞬でタイムスリップ!

ここ〔American Wave〕は、「アメリカン」の真骨頂とも呼べるショップです。1890年代から1980年代ごろまでのアメリカン・ヴィンテージが、アメリカ式住居の中に並んでいます。まさに、数十年前のアメリカにタイムスリップしたかのようです。

〔American Wave〕のオーナー、クリスさん。なんと、この道30年というヴィンテージのプロです。クリスさん自らアメリカへ買い付けに出向き、質の高いヴィンテージをセレクトしています。

ヴィンテージにも各年代の特色がある

〔American Wave〕で扱うヴィンテージは、1890年代から1980年代ごろのもの。ひとつの時代に限定せず、幅広いセレクションとなっています。そのため「どの年代のデザインが好きか」「どの年代の服が自分の体形に合っているのか」ということについて、じっくり悩むことができるのです。

ちなみに、日本人女性の体形には1960年代の服が合うと言われています。オードリー・ヘップバーンなどを見てもわかるように、細身な女性が多かったのだそうです。体のラインが出る曲線的なものよりは、ストレートなデザインが当時はトレンドとなっていました。

このようなファッションに関する豆知識をオーナーから教わることができるのも、〔American Wave〕の魅力です。

新しい×ヴィンテージという楽しみ方

比較的最近デザインされた「古着」ならまだしも、何十年も前の洋服をどのように身にまとえばいいのだろう? と不安に思う方も少なくないかもしれません。

そんな方にクリスさんがヴィンテージ初心者にオススメするのが、「新しいアイテムとヴィンテージをミックスする」という楽しみ方です。流行とは、数十年周期で循環するもの。今「旬」とされているファッションアイテムも、ヴィンテージから着想を得てデザインされたものも多いのだそうです。

たとえば、最近は刺繍がブームとなっていますが、1960年代前後にも同じようなトレンドがありました。刺繍の技術などは、機械刺繍よりも、手縫いの方が細かくきれいなものが多いので、この年代の洋服を着た方が質の良いものを選べるはずです。

しかも、刺繍のアイテム自体が主役となり得る存在なので、シンプルなワンピースやシャツなどと合わせるだけでキマったコーディネートを演出できますね。

初心者はアクセサリーから

〔American Wave〕では、アクセサリーやブローチ類も充実しています。気軽にヴィンテージを楽しみたいならオススメ。

こちらは1940~1950年代にネイティブアメリカンによって作られたアクセサリー。シルバー製だけでなく、なかなか見かけないカッパー(銅)製のものもあります。

華やかなアクセサリーが欲しい方は、これら1960年代のジュエリーたちを。今でも色あせない、そして今ではなかなか見ることのできないデザインに溢れています。いつものシンプルな服装に一点合わせるだけで、一気に華やぎます。

普遍的なアイテムといえばハンドバッグ

こちらは本革ハンドバッグ。非常にスタンダードな形で、どのようなファッションに合わせても違和感がありません。他のバッグ類も同じく、レトロ感がありつつも時代を選ばないものばかりです。

それどころか、当時のトレンドが再び巡ってきたことにより、似たよう雰囲気をもつアイテムをハイブランドがこぞってリリースしていることもあります。ハンドバッグに限らず、案外ヴィンテージの方が質が良くて安いというケースもあるそうです。

もちろん、ヴィンテージにはヴィンテージにしかない価値がたくさんあります。「誰とも被らない、ちょっといいもの」が欲しいときは、ぜひヴィンテージにチャレンジしてみて。

また、レディースには華やかなものが多いのに対し、メンズはカジュアルアイテムがたくさん。Tシャツにアロハ、ボーリングシャツ……などなど、女性でもメンズライクに着こなせそうなものも少なくありません。各年代のヴィンテージで、いつものカジュアルコーデを格上げしてみませんか?

さいごに

オーナーの愛が詰まったヴィンテージたちがキラキラ輝く〔American Wave〕店内は、まるで大きな宝石箱のよう。ヴィンテージ大好き! という方も、興味はあるけどハードルが高いかも、と感じている方も、ぜひ一度〔American Wave〕の世界観に浸ってみてください。数十年前から待っていたアイテムたちとの、運命的な出会いがあるはずです。

また〔American Wave〕のアイテムは、サイト内のオンラインショップとヤフーオークションでも販売しています。遠方にお住まいの方は、こちらもチェックしてみてくださいね。

【店舗情報】
●住所:〒901-2134 沖縄県浦添市港川2-16-9
●電話:098-988-3649
●営業時間:12:00~20:00
●定休日:火曜日(4月初旬~6月下旬、9月中旬~10月下旬のみ)
●URL:https://americanwave.jp/


LIMIAからのお知らせ

驚きの価格!最大70%OFF!
国内・海外格安航空券ならスカイチケット!

  • 15621
  • 27
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

LIMIA編集部がお届けするファッション情報。新発売のアイテム、トレンドコーデなどをお届けします。

おすすめのアイデア

話題のキーワード