【ほりえさちこのすぐ楽レシピ #12】材料はビスケットで簡単!焼かずに作れるブッシュ・ド・ノエル

フードコーディネーターほりえさちこさんが提案する“すぐ楽”レシピの連載。今回はクリスマスにちなんだスイーツをご紹介します。クリスマスといえば欠かせないのがケーキ。普段ケーキを作り慣れていない人でも、オーブンなしで手軽にできるブッシュ・ド・ノエルなら心配無用。市販のビスケットを重ねて寝かせるだけで、簡単&本格派のケーキができちゃうんです!

  • 11984
  • 243
  • 0
  • いいね
  • クリップ

市販のビスケットを重ねて寝かせるだけの「焼かないブッシュ・ド・ノエル」の作り方

ケーキなのにオーブンがいらないの!? 信じられないようですが、市販のビスケットを重ねて寝かせればできちゃうんです。クリスマス当日にパパッとできる「焼かないブッシュ・ド・ノエル」の作り方を見ていきましょう。

●材料
・A(ふるったココア……大さじ2、砂糖……大さじ2、熱湯……大さじ1と1/2)
・生クリーム……1カップ
・洋酒……小さじ1 ※お好みで
・丸い形のビスケット……20枚程度
・牛乳……大さじ2
・いちご……適量

●作り方
1. ボウルにAと生クリーム、洋酒を加えてなめらかになるまでよく混ぜたら、2つに分けます。このとき、熱湯を入れすぎないように注意。

2. ひとつはデコレーション用として冷蔵庫に入れておき、残りは角が立つまで泡立てます。

3. ビスケットの両面を牛乳に浸して、泡立てた1をのり代わりにして、ビスケットを重ねていきます。細長い筒状になったら、ラップに包んで冷蔵庫で半日ほど休ませます。

このようにクリームを1枚ずつ塗ります。
今回使用したのは〔森永製菓〕の《マリー》。21枚入りのビスケットを全て使い切ります。

4. しっかり落ち着いたら、端を斜めに切り離し、冷蔵庫で休ませておいた生クリームを泡立てて、表面にぬります。

半日寝かせるとしっとりするので、包丁がスッと入って切りやすい状態に。断面のストライプがかわいい!
木に見立てたブッシュ・ド・ノエルなので、クリームはざっと塗ればOK!

5. 切り離した生地の端を上にのせて、全体にクリームをぬり、フォークで木の幹をイメージして筋をつけましょう。

6. 最後にいちごやヒイラギを飾りつければ、クリスマスらしいブッシュ・ド・ノエルのできあがり♪

断面のストライプがおしゃれなクリスマスケーキの完成!

「普段ケーキを焼き慣れていない人は、スポンジを焼いてもうまく膨らまないことがあったり、ハードルが高いかもしれません。そんな人でも、ビスケットさえあればできてしまうのがこのブッシュ・ド・ノエルのいいところ。最終的に“切り株感”を出せれば成功です。最後にデコレーションするときは、たっぷりめに生クリームを塗って、フォークで同じ方向に筋を入れて、切り株のようなでこぼこ感を出すのがポイント。生クリームは植物性だと泡立ちにくいので、固まりやすい乳脂肪分45%以上のものを使うと成形しやすいですよ」(ほりえさちこ)

【ほりえさちこ】
栄養士/フードコーディネーター。和洋女子大で健康栄養学を学び、栄養士や食育アドバイザーの資格を取得。祐成陽子クッキングアートセミナーの講師を経て、テレビや雑誌、広告などで活躍。『フリージング離乳食―1週間ラクラク』『フリージング幼児食 1歳半〜5歳 —1週間分作りおき!』は累計4万部のロングセラーに。近著に『サラ弁』がある。

●ライター 庄司真美
●写真 さくらいしょうこ

  • 11984
  • 243
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

フード・ライフスタイル

栄養士/フードコーディネーター。和洋女子大で健康栄養学を学び、栄養士や食育アドバイザーの資格を取得。祐成陽子クッキングアートセミナーの講師を経て、テレビや雑誌、…

おすすめのアイデア

話題のキーワード