「100均の収納ボックス」を買う時に失敗しない方法 買わなくて済むかも・・・

100円ショップには色々なサイズの収納ボックスが売っていますね。
整理をして収納するために、それを買いに行く前に、、、ちょっと待ってください!

  • 106957
  • 637
  • 6
  • いいね
  • クリップ

年末なので

あちこち片付けをしたり、掃除をしたりされている方も多いと思います。

引き出しを整理したらだいぶ片付いたから、100均のボックスを買って収納しよう♪

そう思って100円ショップに走る前に、、、確認してくださいね。

100円ショップの収納ボックスは色々なサイズやカラーが展開されています。

何となく買いに行ってしまうと、いざ見た時にどれにすれば良いか悩んでしまうことも多いです。

計りましょう

面倒かもしれませんが、買いに行く前に必ず入れたいモノのサイズを計りましょう。

「幅×奥行き×高さ」これらを必ず計ってメモを取ります。

できれば箱を入れる引き出しやスペースのサイズも計っておくと、「2つ入れるとシンデレラフィットする!」とか「微妙な幅が余ってしまう」なども知ることができます。

私は、計って、さらにメジャーも持参します。
商品ラベルに詳しくサイズが計っていないことがあるからです。

無印良品のメジャーを愛用しています♪

100円ショップのボックスもいいですが・・・おススメはこれ

今すぐ収納したい!片づけたい!

という時に100円ショップにわざわざ行くのは面倒ですね。
もし行っても、希望のサイズや色がなければ無駄足になってしまいます。

妥協してサイズが合わないものを買ってしまうなんてことにもなりかねません。

タダで、すぐ作れて、サイズが自由自在な箱があります。

それは『牛乳パックの小物入れ』です。

牛乳パックの小物入れ

イメージは「貧乏くさい」「柄がうるさい」、という感じでしょうか。

私も最初はそう思っていました。

でも作って使ってみると、牛乳パックの箱はとても便利なのでオススメします。

牛乳パックの小物入れの作り方

1.牛乳パックを洗剤できれいに洗って乾かす。

2.一面を切り取る。つなぎ目の箇所を切ると良いです。

3.底の2か所に切り込みを入れる。

4.両端を折りたたんでテープで留める。

5.残りの面を合わせてテープで留める。

完成!

使用例

子供の下着類が入っている引き出しで、靴下を立てて入れたり。
靴下幅がぴったりです~。

タッパーのフタを立てて入れたり。
これはフタと箱のサイズに合わせて、少し短く作っています。

キッチンツールを立てたり。
これは組立てずに、ちょうど良い高さにカットしただけです。

他の収納例

・ペンなど文房具(鉛筆がすっきり入る長さなのです)
・ストッキング
・折ったレジ袋
・薬、お薬手帳
・マヨネーズやケチャップ立て

などなど色々なところに使えます。

牛乳パックの小物入れのメリット

・タダ
・すぐ作れる
・古くなったら作りかえれば良い
・好きなサイズにできる
・しなるので融通がきく
・直角なのでデッドスペースが無い
・薄いので場所をとらない

どうでしょう?

ポイント

ただ、やはり見た目イマイチなので見える場所には使わないようにしています。

とりあえず、牛乳パックに入れてみて、良さそうだったら改めて合うサイズのボックスに買い替えていけばよいと思います。

私が家を断捨離した時は、ほとんどこの牛乳パックで仕切ったり立てて入れたりしました。

最近は「ダイソーの積み重ねボックス」が大のお気に入りなので、少しずつ買って入れ替えていますが未だにそのまま牛乳パックを使っている場所も結構あります。

まとめ

片付けのお手伝いに行くときも、「収納用品買っておけばいい???」とよく聞かれるのですがモノの整理をしてから収納用品の調達をする方が賢明です。

「牛乳パックを洗って乾かしておいてくださいね」と頼んでおきます。
整理をしたら、区切ったり立てたりするためにこの牛乳パックの小物入れを作っています。

合わない収納用品を買ってしまうと、「使い道のないボックスを収納する場所が必要」ということになりかねません。
例えば、、、

直角のボックスは、使わない時に重ねて収納はできないけど、積むことができます。
下が細くなっているボックスはその逆で、重ねて収納できるけど積むことができません。下にわずかにデッドスペースもできます。

取っ手がついているボックスは、かさばりますが高いところにあるものが取れます。

そういったこともよく考えてから選びましょう。

買わなくても良ければ手作りして、買う時は収納場所をきちんと計って、お金も時間も無駄にしないようにしたいですね。

私は面倒なのでしていませんが、お気に入りの布を貼る「カルトナージュ」や100均にも売っている「リメイクシート」を貼ればそのまま可愛くも使えますね。

他にも収納や暮らしのアイデアについてブログに書いていますので、よろしければのぞいてみてくださいね。

  • 106957
  • 637
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

おすすめ

話題のキーワード