年末大掃除でカーテンを丸洗い!楽にキレイに洗うやり方を教えます!

  • 214972
  • 1977
  • 12
  • いいね
  • クリップ

カーテンだって汚れるんです!

毎日開け閉めするカーテン。


キレイに手洗いしていても、毎日触ったりホコリがついたりで結構汚れているものなんです!


でも大きい物だから洗うのも大変。


少しだけ楽に洗って干せるやり方をご紹介します!

カーテンを外す

まずはカーテンをカーテンレールから外します。


そしてここからがめんどくさい所。


カーテンについてるフックの部分を通常は外すのですが、外さなくていいんです!


付けたままでもネットに入れてしまえばそのままでも洗えます!

我が家のリビングのカーテンはバーチカルブラインドなので下に重りが付いています。


なのでこの重りだけは外しておきます。

上のフックの部分は取らずにそのまま。


これを外したり付けたりが面倒で時間もかかるので、この作業がなくなるだけで一気にスピードアップ♪

次にカーテンを畳みます。


そのまま洗ってしまうとシワになって後が大変なので畳んでから洗いましょう。


バーチカルブラインドの場合は丸めていきます。

畳んだカーテンを洗濯ネットに入れたら準備はOK。


いよいよ洗っていきます!

カーテンを洗う

ここでちょっと一手間!


オキシクリーンにつけ置きをします。


オキシクリーンは洗濯では落としきれない汚れもしっかり落としてくれるので、ぜひオキシ漬けをする事をお勧めします!

50〜60度ぐらいのお湯にオキシクリーンを入れてカーテンをつけ置きします。


30分〜1時間ぐらいでOKです。

オキシクリーンがない方はこの工程は飛ばしても大丈夫!


オキシクリーンはお掃除や洗濯に大活躍してくれるので、試しに購入されることをオススメしますよ〜!

オキシ漬けが終わったら軽くもみ洗いしてからゆすいで洗濯機へ。


あまり強く洗うと生地を痛めたりシワになりやすいので、弱の設定や脱水を弱めに設定してくださいね。

カーテンを干す

この作業も意外と面倒なもの。


お天気に左右されたり、干す場所がなかったりして頭を悩ませますよね。


でもカーテンは干さずにそのまま付けてしまうんです!


そうすれば干す場所も取らないし、お部屋の中なので天気にも左右されません!


夏なら窓を開けておけばいいし、冬はお部屋の中が暖房などで暖かくなっているので乾きやすいんです!


お部屋の中に干すことで、柔軟剤の香りが部屋中に広がるのでお気に入りの柔軟剤で洗うのもいいですね♪


カーテンを干すという工程がなく一気に掛ける作業まで行けるので、あっという間に終わります!

おわりに

カーテンを洗う作業ってめんどくさくてなかなかやらずに1年以上も放置なんて事になりがちですよね。


オキシ漬けしてみるとわかるのですが、カーテンって結構汚れているものなんです。


洗ってみるとカーテンの汚れが落ちてお部屋が少しだけ明るくなったりするので、最低でも1年に1度ぐらいは洗いたいですね!


我が家はバーチカルブラインドで説明しましたが、ドレープカーテンもやり方は同じなのでぜひこの方法でちょっとだけ楽に時短なカーテンの丸洗いをしてお部屋をスッキリさせてみてくださいね♪


オキシクリーンも安く買えるshopを楽天roomのコレクション【購入品】に載せてあるので、気になる方は下のリンクの楽天roomから覗いてみてくださいね!


LIMIAからのお知らせ

ポイント最大43.5倍♡ 楽天お買い物マラソン
ショップ買いまわりでポイント最大43.5倍!
1,000円(税込)以上購入したショップの数がそのままポイント倍率に!

  • 214972
  • 1977
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

関連アイデア

このアイデアを投稿したユーザー

Instagramでインテリアアカウントやってます❤︎モノトーン、お掃除、収納など☺︎気軽にフォローしてください♪楽天room もやってます☺︎

4696mono1222_shokoさんの他のアイデア

生活の知恵のデイリーランキング

おすすめのアイデア

話題のキーワード