ただの道具箱ではない "ツールボックス"

コンクリートを打設する時に使うウレタン塗装合板をご存知ですか?このヤマブキ色をインテリアに取り入れてみたいなぁと思い、シンプルで丈夫なツールボックスを考えてみました。

  • 3337
  • 17
  • 0
  • いいね
  • クリップ

散乱する雑貨や道具を片付けようとする時 なんらかの "箱" を使うことがあると思いますが、その際、目的に合わせて大きさを選ばれますよね?

よくアンティークショップとかで見かける古民具に "櫃(ヒツ)" と呼ばれる、かぶせ蓋のついた箱をご存知でしょうか。櫃は時代が進むにつれて調度品や衣類が増えてくると、より大型化した収納が必要となり "長持(ナガモチ)" に発展、棹を通して二人で担ぐタイプや、底部に車輪を付けて運びやすくした車長持というものも生まれました。かつては嫁入り道具のひとつでしたが近代以降、この長持の役割は "箪笥" に代わっていきました。一方櫃の方は ... 米櫃、飯櫃(おひつ)、茶櫃、炭櫃など、現在に於いては、裁縫箱、オモチャ箱、道具箱 ... と、具体的な目的に応じていろんな種類に姿を変え続けているように思われます。

何をどう入れて使うのか?

まずはフタ付きツールボックスとして

合板というのは案外重いので箱の中に沢山詰め込むと運ぶのが大変になりますね d(⌒-⌒; ) 両手で運びやすいサイズは?ってことと一般的な合板の規格サイズの3×6(900×1800)から出来るだけ無駄の出ないサイズを考慮して幅を60cmに d( ´ ▽ ` )

次に 家庭でも嵩張ることの多くなったA4サイズの書類や雑誌などを保管出来る、本箱や本棚として使う場合

A4サイズは210mm×297mmですが、クリアファイルやフォルダーに入れると少し大きくしたい!そこで、先の合板の規格サイズから合理的に採寸すると 奥行240mmと高さ330mm に決定 d( ´ ▽ ` )

ん?

この二段積んだこの高さは...‼️

二段積んで天板を載せると、家事やパソコン作業にも使える、ワークデスクになりますね ♪

進学や就職で独り暮らしを始められる方など、長く使ってきた学習机が役割を終えようとするタイミングで、ザックリとタフなアトリエ風の作業デスクをインテリアに取り入れるのも一考でしょう d( ´ ▽ ` )


LIMIAからのお知らせ

楽天ポイント最大50%還元♡楽天スーパーDEAL!
人気ブランドから日用品までポイント高還元!毎日更新中!

  • 3337
  • 17
  • いいね
  • クリップ
コンテンツを違反報告する

あなたにおすすめ

関連キーワード

このアイデアを投稿したユーザー

建築士・建築デザイナー

広島を拠点に活動している一級建築士事務所です。住宅、集合住宅、店舗や事務所など、用途や規模問わず全ての建築物の企画・設計&監理を承っています。リノベーション(増…

おすすめのアイデア

話題のキーワード